パビリオン(英語表記)pavilion

翻訳|pavilion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パビリオン
pavilion

建築用語。一般には移動可能な天幕,あずまや,仮設建築などをさすが,現在では仮設でない場合でも博覧会場における個々の建物をこう呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パビリオン

四阿(あずまや),離れ,あるいは博覧会場の展示館のような独立棟の建物。本来は野営のためのテントを指し,形がチョウpapilio(ラテン語)に似ることから出たもの。現在では機能や構造と関係なく,分棟形式で建てられた建物の一棟を指し,その配置形式をパビリオン・タイプまたはパビリオン・システムと呼ぶ。また,主屋に対して付属棟(翼部)をパビリオンと呼ぶこともある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パビリオン【pavilion】

東屋(あずまや),離れ,あるいは博覧会場の展示館のような,独立棟の建物。本来は野営のためのテントを指し,形がチョウpapilio(ラテン語)に似ることから出たものという。やがて仮設の建物一般を指すようになり,現在では,機能や構造と関係なく,分棟形式で建てられた建物の一棟を指し,その配置形式を〈パビリオン・タイプ〉または〈パビリオン・システム〉と呼ぶ。こうした配置は,原始的集落や兵舎,入植地の家々など,応急的,仮設的な建物によく見られるが,近世ヨーロッパで,古典建築理論の影響により,建物の機能を整理し,一つの空間単位に一つの機能を当てる考え方が生まれ,また主屋に対し付属棟(翼部)――これをまたパビリオンと呼ぶ――を対称的に配置するような空間構成が好まれて,より整然とした形で再生してくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パビリオン【pavilion】

博覧会の展示用に一時的に建てた建物。
別棟。はなれ。
庭園のあずまや。園亭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パビリオン

〘名〙 (pavilion)
① (展示会、見本市、博覧会などでの)展示用の仮設の建物。
※深海魚族(1970)〈邦光史郎〉「今度の万博の展示館(パビリオン)は」
② 貴族の庭などに作られる四阿(あずまや)
③ 古典主義建築で、左右の端部に突き出した翼廊部。
④ クリケット競技用の観覧席や選手席。
※自由と規律(1949)〈池田潔〉スポーツマンシップということ「敵方の選手達が、〈略〉パヴィリオンに入ってしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パビリオンの関連情報