四阿(読み)あずまや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四阿
あずまや

東屋,舎とも書く。
(1) 寄棟造の屋根。元来は田舎風の屋根を意味し,真屋 (まや) に対する語。
(2) 近世以後は庭園内の小亭,休息所,亭 (ちん) をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

四阿【あずまや】

東屋・亭とも書く。阿とは,中国語で建物の棟を意味する。したがって阿とは,四方に棟をもった家屋の名。初めは四方の壁が少なく,あるいは全く欠き,平面も方形であったが,庭園の休息・眺望などのために造られるようになると,円形・多角形など自由な平面,意匠が考案された。
→関連項目入母屋パビリオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

あずまや【四阿/東屋】

➀四方へ軒(のき)をふきおろした、4面の屋根を持つ家屋。◇「阿」は中国語で「棟」の意。「寄せ棟造り」ともいう。
➁庭園などに設けられる、休憩や眺望のための小建築物。一般に簡単な施工方法で建てられ、壁がなく、4本の柱で屋根を支える。◇「亭(ちん)」ともいう。◆「東屋」はもともと「国の田舎屋」の意。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四阿
あずまや

庭園内に設けられた小建築。規模はおおよそ2坪(1坪は6尺平方、約3.3平方メートル)から3坪ぐらいまでのものが多い。休息や眺望を目的にしたものであり、回遊式庭園に設置される場合がほとんどである。また、庭園の点景にもなって雅致を添えもする。屋根は、四角、六角、丸形などあって、茅葺(かやぶ)きや(こけら)葺きにするが、ときには瓦(かわら)葺きもある。普通は四方の壁を吹き放つ。南北朝時代ごろ(14世紀)から置かれるようになったが(京都・西芳寺(さいほうじ)の潭北亭(たんほくてい)など)、江戸初期の大名庭園で大いに流行し今日に及んでいる。[重森完途]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四阿の関連情報