コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四阿 あずまや

6件 の用語解説(四阿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四阿
あずまや

東屋,阿舎とも書く。(1) 寄棟造の屋根。元来は田舎風の屋根を意味し,真屋 (まや) に対する語。(2) 近世以後は庭園内の小亭,休息所,亭 (ちん) をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐あ【四×阿】

あずまや。亭(ちん)。
古代中国で、寄せ棟造りの屋根。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

四阿【あずまや】

東屋・亭とも書く。阿とは,中国語で建物の棟を意味する。したがって四阿とは,四方に棟をもった家屋の名。初めは四方の壁が少なく,あるいは全く欠き,平面も方形であったが,庭園の休息・眺望などのために造られるようになると,円形・多角形など自由な平面,意匠が考案された。
→関連項目入母屋パビリオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しあ【四阿】

あずまや。
寄せ棟造り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

あずまや【四阿/東屋】

➀四方へ軒(のき)をふきおろした、4面の屋根を持つ家屋。◇「阿」は中国語で「棟」の意。「寄せ棟造り」ともいう。
➁庭園などに設けられる、休憩や眺望のための小建築物。一般に簡単な施工方法で建てられ、壁がなく、4本の柱で屋根を支える。◇「亭(ちん)」ともいう。◆「東屋」はもともと「東国の田舎屋」の意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四阿
あずまや

庭園内に設けられた小建築。規模はおおよそ2坪(1坪は6尺平方、約3.3平方メートル)から3坪ぐらいまでのものが多い。休息や眺望を目的にしたものであり、回遊式庭園に設置される場合がほとんどである。また、庭園の点景にもなって雅致を添えもする。屋根は、四角、六角、丸形などあって、茅葺(かやぶ)きや(こけら)葺きにするが、ときには瓦(かわら)葺きもある。普通は四方の壁を吹き放つ。南北朝時代ごろ(14世紀)から置かれるようになったが(京都・西芳寺(さいほうじ)の潭北亭(たんほくてい)など)、江戸初期の大名庭園で大いに流行し今日に及んでいる。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四阿の関連キーワード伊吹颪大根卸し高嶺颪嶺颪葺き下ろし深山颪書下ろし吹下ろし書き下ろし卸し

四阿の関連情報