コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピルス学 パピルスがく papyrology

翻訳|papyrology

2件 の用語解説(パピルス学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パピルス学
パピルスがく
papyrology

パピルス紙に記された古文献を解読研究する古文書学の一分野で,主としてギリシア語ラテン語の文献を対象とする。 19世紀以来の大量のパピルス文書の発見によって成立,古典古代の文学や宗教の研究に新しい知見をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パピルスがく【パピルス学 papyrology】

ギリシア語,ラテン語のパピルス文書を研究領域とする学問。ハードな面としてはパピリ(パピルスの複数形)現物の復元処理,原本の判読・校訂,校本の公刊といった技術的・専門的な分野を根幹とし,そのうえにパピルス・テキストを駆使しての古典文献学,古代法,主としてプトレマイオス朝およびローマ時代のエジプト史キリスト教文献学などのソフト面を含む。古典古代の歴史研究の補助学として,金石学と双璧をなす。19世紀末から20世紀初頭にかけて学問体系として成立したが,その多くをウィルケンUlrich Wilcken(1862‐1944)に負う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パピルス学の関連キーワードギリシアディールスパピルス柱パピルス文書プラヌデス唯物論グリーンフィールドパピルスデモルフィズムスラブ・ギリシア・ラテン学院フォティアディス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone