パリのセーヌ河岸(読み)パリのセーヌかがん

世界遺産詳解の解説

パリのセーヌかがん【パリのセーヌ河岸】

1991年に登録されたフランスの世界遺産(文化遺産)で、首都パリ市内を流れるセーヌ川にかかるシュリ橋からイエナ橋まで、約5kmの河岸に点在する建造物群。サント・シャぺル、ノートル・ダム大聖堂などの中世の建造物群、エッフェル塔などの近現代の建造物群、現在はルーブル美術館として使用されているルーブル宮殿などが含まれる。政治、宗教、学問、芸術、文化の分野で重要な位置を占めた町の、発展の軌跡を刻んだ建造物群が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はParis, Banks of the Seine

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

パリのセーヌ河岸【パリのセーヌかし】

フランスの首都パリの市街の真ん中を東西に貫流するセーヌ川の,上流のシュリー橋から下流のイエナ橋まで約5kmの間の河岸。この間にはシテ島のノートルダム大聖堂サント・シャペルをはじめ,両岸にはルーブル美術館チュイルリー庭園オルセー美術館,ブルボン宮,グラン・パレ,シャイヨー宮エッフェル塔などの著名な観光スポットが集中している。1991年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android