コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルムの僧院 パルムのそういんLa Chartreuse de Parme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルムの僧院
パルムのそういん
La Chartreuse de Parme

フランスの小説家スタンダールの小説。 1839年刊。ワーテルローでのナポレオンの敗北,19世紀初めのイタリア,パルマ公国における政争を背景に,若き貴族ファブリス・デル・ドンゴの波乱の生涯を物語ったもので,19世紀フランス小説の傑作の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パルムのそういん〔‐のソウヰン〕【パルムの僧院】

《原題、〈フランス〉La Chartreuse de Parmeスタンダール長編小説。1839年刊。イタリアのパルム公国を舞台に、幸福を追求する青年貴族ファブリスの波乱に富む半生を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パルムのそういん【パルムの僧院 La chartreuse de Parme】

フランスの小説家スタンダールの長編小説。1839年刊。素材は16世紀の古文書から採られているが,作者は巧みに19世紀初頭のイタリア貴族の息子ファブリスの物語に置き換えている。かつて自ら生きたナポレオン叙事詩を編中に取りこみ,精神的故郷イタリアを舞台とすることによって作者の想像力は奔騰し,わずか53日間の口述筆記で本書は成った。バルザックが〈現代の“君主論”〉と賛嘆した宮廷政治学,その桎梏(しつこく)の下で絶えず道徳埒外(らちがい)に幸福を求めざるをえない主人公たち,そうした主題を,イタリアへの愛と自らの青春への愛惜をこめつつ展開する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パルムのそういん【パルムの僧院】

スタンダールの長編小説。1839年刊。陰謀渦巻くイタリアのパルム公国の宮廷を舞台に、無垢な青年ファブリスの波瀾の生涯を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルムの僧院
ぱるむのそういん
La Chartreuse de Parme

フランスの作家スタンダールの長編小説。1839年刊。素材はイタリアの古記録中の事件にあるが、のち教皇となった一青年貴族の物語を、ナポレオンを崇拝するイタリア貴族の息子ファブリスの身の上に移すことによって、作者の創作力は奔騰した。わずか五十余日の口述筆記で本書は成ったのである。バルザックは、小君主国パルムの宮廷政治の分析をマキャベッリの『君主論』になぞらえて絶賛したが、その桎梏(しっこく)の下で、主人公たちは絶えず道徳のらち外に自らの幸福を追求せざるをえない。むてっぽうにワーテルローの会戦に馳(は)せ参じたり、恋の火遊びから殺人の罪に問われたりするなど、野放図(のほうず)な冒険を重ねつつ、ついに獄中でクレリアとの恋を知るファブリス。彼にほとんど近親相姦(そうかん)的な愛情を注ぐ叔母サンセベリーナ。その愛人でパルム公国の敏腕宰相たるモスカ。監獄長の娘であり、信仰と恋の相克に悩みながらもファブリスへの愛を貫くクレリア。彼らはいずれも、ことばの最高の意味で「生きる」ことを欲する人物たちである。彼らの自由と幸福の追求の物語を、イタリアへの愛と自らの青春への愛惜を込めて語ることによって、作者はもっとも澄明な小説的宇宙を築き上げることに成功した。[冨永明夫]
『生島遼一訳『パルムの僧院』全二冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパルムの僧院の言及

【フィリップ】より

…南フランスのカンヌに生まれ,ナチ占領下のパリから南フランスに逃げてきた映画人たちに接して映画や演劇に関心をもち,舞台や映画に端役出演したのちパリのコンセルバトアール(国立音楽演劇学校)に学び,卒業後,舞台でカミュの《カリギュラ》(1945)の主役を演じて人気を不動のものにし,さらにラディゲの小説を映画化したクロード・オータン・ララ監督の《肉体の悪魔》(1947)でブリュッセル映画祭の最優秀男優賞を受賞して国際的なスターとなった。その後クリスティアン・ジャック監督《パルムの僧院》(1948),《花咲ける騎士道》(1952),ルネ・クレール監督《悪魔の美しさ》(1950),《夜ごとの美女》(1952),マルセル・カルネ監督《愛人ジュリエット》(1951),ルネ・クレマン監督《しのび逢い》(1954),クロード・オータン・ララ監督《赤と黒》(1954),ジャック・ベッケル監督《モンパルナスの灯》(1957),ロジェ・バディム監督《危険な関係》(1959)などに出演し,洗練された洒脱な演技と個性の魅力で圧倒的な人気を集めた。1951年以降はジャン・ビラール主宰の国立民衆劇場(TNP(テーエヌペー))に属して演劇に情熱をそそぎ,《エル・シド》《ハンブルグの王子》《ロレンザッチオ》などの名舞台を演じ,またハウプトマンの叙事詩を映画化した《ティル・オイレンシュピーゲルの冒険》(1956)を記録映画作家ヨリス・イベンスと共同監督している。…

※「パルムの僧院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パルムの僧院の関連キーワードベリー(Pierre Véry)ピエール ベリーフランス文学大岡 昇平心理小説小林 正小林正パルマ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android