コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレスチナ史 パレスチナし

1件 の用語解説(パレスチナ史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレスチナ史
パレスチナし

パレスチナは現在のイスラエルを中心とする地中海東岸一帯の地域名で,ペリシテ人の名に由来するが,旧約聖書および住民自身はカナンと呼んだ。すでに前 9000年頃ヨルダン河谷などに農業集落が起こり,前 5000年頃までメソポタミアの影響を受け,前 3100年頃のエジプトの台頭とともにエジプトとメソポタミアの中間貿易で栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone