コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロス島 パロスとうNísos Páros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パロス島
パロスとう
Nísos Páros

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島中部の島。同諸島最大のナクソス島の西に位置する。おもに大理石から成る島で,中央部に標高 771mの山がそびえ,その山麓は海岸平野に続く。西岸に中心集落パロスがある。初期青銅器時代のキクラデス文化圏に属するが,初めイオニア人,次いでアルカディア人に植民されたといわれる。前7世紀にはサソス (古代名タソス) 島やマルマラ海 (古代名プロポンティス) 沿岸に植民。パロス大理石として知られる彫像用の白色大理石を輸出して繁栄。のちプトレマイオス朝,次いでローマの支配下に入り,次第に衰退。 13世紀以降ベネチア領,1537年オスマン帝国領,1830年ギリシア領。現在,主産業は農業で,穀類,ブドウ,イチジク,オリーブ,タバコなどを栽培し,ワイン,大理石を産出。近年発掘作業が進められ,17世紀には『パロスの年代表』として知られる貴重な史料が出土している。面積 194km2。人口 7881 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パロス‐とう〔‐タウ〕【パロス島】

ParosΠάρος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の中で3番目に大きく、中央部に位置する。中心地はパリキアミコノス島サントリーニ島に並ぶエーゲ海の代表的な観光地。古代には良質な白大理石の産地として栄えた。西方約2キロメートルのところに浮かぶアンティパロス島のほかに、パロス島の周囲に12の小島がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パロス島
ぱろすとう
Pros

ギリシア、エーゲ海南部、キクラデス諸島の中央に位置する島。面積194平方キロメートル、人口1万2783(2001)。山がちで最高点は標高747メートル。地中海式農業が盛んで、ワインのほか、綿花、オリーブ、干しイチジク、タバコを特産する。
 紀元前三千年紀末の住居跡が確認されるが、キクラデス・ミケーネ文明崩壊後、イオニア人の定住地となった。アルカイック期には白色の良質大理石産地として繁栄を極め、タソス(タソス島)、パリウム(小アジア)などに植民を行った。叙情詩人アルキロコスはこの地の出身者である。前490年ペルシア統治下に入ったが、サラミスの海戦のギリシア軍勝利後、アテネの同盟国となる。神話時代から前298/297年までのギリシアの歴史を包括する「パロス大理石碑文」Marmor Pariumとして有名な年代記は、前264/263年ごろに彫られたものである。前1世紀ローマに征服され、13~15世紀にはベネチア人の支配を受けた。1537年、オスマン帝国(トルコ)に併合されたが、独立戦争後1830年に新生ギリシアの一員となった。[真下とも子・古川堅治]
『原随園著『パロス大理石碑文』(『ギリシア史研究余滴』所収・1976・同朋舎出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パロス島の関連キーワードMarmor Pariumエカトンタピリアニ教会アポロン[テネア]アゴラクリトスペンデリコン山ミルティアデスタソス[島]ミルチアデスギリシア美術アルキロコス彫像用大理石スコパスタソス島サソス島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android