コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンヤ科 パンヤかBombacaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンヤ科
パンヤか
Bombacaceae

双子葉植物アオイ目の1科。新旧両大陸の熱帯に 20属約 180種が分布し,特に熱帯アメリカに種類が多い。いずれも高木で,ときに巨木となるものがある。アフリカのバオバブなどのように幹がふくれて水分をたくわえるものも知られる。葉は単純形,または掌状に裂ける。花は5数性で大型のものが多い。おしべはしばしば多数あって互いに癒合し筒状となる。果実は大きな蒴果で多数の種子があり,種子は長い毛に包まれる。パンヤノキなどではこの毛をクッション材,枕材などに用いる。また,熱帯果樹として有名なドリアンなども含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パンヤ科の関連キーワードサバンナ(植生帯)カポックの木インド綿の木カポックノキパンヤの木キワタノキシェフレラパンヤパキラバルサ斑枝花木綿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パンヤ科の関連情報