パーソナルデータ(読み)ぱーそなるでーた(英語表記)personal data

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーソナルデータ
ぱーそなるでーた
personal data

個人の識別性の有無にかかわらず、個人に関する情報全般をさす名称。このような個人に関する情報のうち、個人を特定、識別することができる氏名生年月日住所などの情報は個人情報とされ、個人情報保護法で保護されている。個人情報には、その情報自体で個人を識別できるもののほか、他の情報と容易に照合することができ、それにより個人を識別できる情報も含まれる。個人情報以外のパーソナルデータには、おもに個人の位置情報や購入情報、IPアドレス、インターネット閲覧履歴など、企業やネット上に集積されている情報、および個人に結びつけることができないように加工された個人の行動や状態などに関するデータがある。
 個人情報保護法が施行された段階では想定されていなかったようなパーソナルデータの利活用が行われるようになる一方で、消費者のプライバシー意識が高まっている。このため、個人の権利利益の侵害にはならないデータについても、事業者側が利用を躊躇(ちゅうちょ)するという「利活用の壁」が生じるという側面もある。そこで個人情報以外のパーソナルデータの取り扱いについての制度見直しが行われている。これまでと同様に個人の権利利益の侵害を未然に防ぎプライバシーの保護を図るとともに、データ活用による産業再興のため、本人の同意がなくてもデータを利活用できる枠組みを導入するなどの環境整備が検討されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

パーソナル‐データ(personal data)

特定の個人に関する情報。
特定の個人に関する情報から、氏名や住所などの個人情報を除外したもの。具体的には、位置情報・購買履歴・インターネット閲覧履歴など、個人の行動や状態に関する匿名化された情報を指す。→匿名化
[補説]2について、氏名・生年月日・住所・電話番号などは個人情報保護法の対象となるが、パーソナルデータについては事業者ビッグデータとして利活用できるよう、法整備が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーソナルデータの関連情報