コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーマネント・ウェーブ パーマネント・ウェーブ permanent wave

翻訳|permanent wave

2件 の用語解説(パーマネント・ウェーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーマネント・ウェーブ
パーマネント・ウェーブ
permanent wave

熱や化学薬品の作用によって頭髪に耐久的ウェーブをつくる方法。日本では通常パーマと略称される。 1905年 C.ネスラーによってロンドンで発表されたのが最初。これは熱によってウェーブをつくる方法であったが,のちさまざまな改良がなされ,電気パーマ機を用いてアルカリ薬液と蒸気熱でウェーブをつくるミシン・ウェーブ法や,機械を用いずクリップの上から加熱してウェーブをつくるプリヒート・ウェーブ法などが発明された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パーマネント・ウェーブ

略してパーマ。頭髪に耐久的(数ヵ月保つ)ウェーブを施す方法。毛髪をロッド(棒)に巻きつけ,アルカリ性薬液で処理してウェーブをつける。1905年ドイツ人ネスラーにより英国で〈ネスレ・パーマネント・ウェーブ〉という看板が出されたが当時のパーマはホウ砂と,加熱したアイロンを使うもので時間とお金がかかった。
→関連項目髪形美容師ヘアドライヤー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

パーマネント・ウェーブの関連キーワード感光ワセリン化学薬品酒精分パーマネントウエーブ薬品化学製品触媒反応平坦作用東北化学薬品

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーマネント・ウェーブの関連情報