コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーマネント・ウェーブ パーマネント・ウェーブpermanent wave

翻訳|permanent wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーマネント・ウェーブ
permanent wave

熱や化学薬品の作用によって頭髪に耐久的ウェーブをつくる方法。日本では通常パーマと略称される。 1905年 C.ネスラーによってロンドンで発表されたのが最初。これは熱によってウェーブをつくる方法であったが,のちさまざまな改良がなされ,電気パーマ機を用いてアルカリ薬液と蒸気熱でウェーブをつくるミシン・ウェーブ法や,機械を用いずクリップの上から加熱してウェーブをつくるプリヒート・ウェーブ法などが発明された。さらに加熱せずにウェーブをつくるコールド・ウェーブの方法が開発され,これはウェーブの原型をつくるアルカリ薬液と,それを定着させる酸性薬液を用いるもので,安全で簡便なため現在広く普及している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パーマネント・ウェーブ

略してパーマ。頭髪に耐久的(数ヵ月保つ)ウェーブを施す方法。毛髪をロッド(棒)に巻きつけ,アルカリ性薬液で処理してウェーブをつける。1905年ドイツ人ネスラーにより英国で〈ネスレ・パーマネント・ウェーブ〉という看板が出されたが当時のパーマはホウ砂と,加熱したアイロンを使うもので時間とお金がかかった。
→関連項目髪形美容師ヘアドライヤー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android