コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガンザクラ

2件 の用語解説(ヒガンザクラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒガンザクラ

本州〜九州,東アジアの山中に自生するバラ科の落葉高木。花期が早く,春の彼岸のころ咲くのでこの名がある。関東で多く見られるのでエドヒガン,アズマヒガンとも。樹皮が縦に裂け,葉は長楕円形で,側脈が多く,基部に1対の腺がある。
→関連項目サクラ(桜)円山公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガンザクラ
ひがんざくら / 彼岸桜
[学]Prunus subhirtella Miq.

バラ科の落葉小高木。コヒガンザクラ、チモトヒガン、アケボノヒガンともいう。春の彼岸(ひがん)のころに開花するので彼岸桜といわれ、3~4月、葉に先だって径約2.5センチメートルの淡紅色花を開く。萼(がく)は下方がすこし膨らみ、柄とともに短毛がある。エドヒガンに似るが、花柱に毛はなく、葉は倒卵形である。まれに自生するが、中部地方以西の本州に多く植栽される。品種に、一重の花が初冬と春に咲くシキザクラ、八重咲きで同じように2回咲くジュウガツザクラがある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒガンザクラの言及

【サクラ(桜)】より

…福島県三春町の三春滝桜(みはるたきざくら)は糸桜の巨木として古くから知られており,京都市の平安神宮,東京都の神代植物公園などにある八重紅枝垂(やえべにしだれ)は紅色,八重の美しい花が咲く。このエドヒガンとマメザクラの雑種のコヒガン(小彼岸)Psubhirtella Miq.はヒガンザクラ(彼岸桜)(イラスト)とも呼ばれ,長野県高遠町の城跡公園のものは有名である。 4月になると,全国各地に広く植栽されており,最も普通に花見の対象になっているソメイヨシノ(染井吉野)Pyedoensis Matsum.(イラスト)の花が咲いてくる。…

※「ヒガンザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒガンザクラの関連キーワードアケビツワブキ東アジアヨモギ森薊アジアンポップス桄榔東アジア首脳会議フキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒガンザクラの関連情報