コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒクラゲ ヒクラゲTamoya haplonema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒクラゲ
Tamoya haplonema

刺胞動物門鉢虫綱立方クラゲアンドンクラゲ科。傘は一辺が 5~8cm(ときに 20cmをこえるものもある)の立方体で,表面に多数の褐色の刺胞群がある。触手は 4本あり,長さ約 20cmにもなり,赤みを帯びる。触手の毒は非常に強く,刺されると激しい痛みと,やけどのような炎症を起こすため,その名がある。瀬戸内海から九州,西太平洋,インド洋の温暖な水域に広く分布する。(→クラゲ刺胞動物鉢虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒクラゲ
ひくらげ / 火水母
[学]Tamoya bursaria

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱立方クラゲ目アンドンクラゲ科に属する海産動物。アンドンクラゲに近縁で形もよく似ている。傘は立方形で、高さ5~8センチメートル、ときに20センチメートルほどにまで達し、アンドンクラゲよりも一般に大形である。傘の表面には多数の刺胞群がみられる。傘縁に4個の比較的大形の葉状体があり、そのおのおのより長さ18センチメートルほどに達する触手が伸びている。触手上の刺胞の毒はきわめて強く、この触手に触れると激しい炎症をおこすほどであり、漁夫に恐れられている。そのためヒクラゲとよばれてきた。瀬戸内海から九州沿岸にかけ、おもに冬季出現する。西太平洋からインド洋にかけて広く分布している。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒクラゲの関連キーワード腔腸動物毒クラゲ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android