ヒゴタイ(平江帯)(読み)ヒゴタイ(英語表記)Echinops setifer; globe thistle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゴタイ(平江帯)
ヒゴタイ
Echinops setifer; globe thistle

キク科の多年草。愛知県,岡山県,四国,九州および朝鮮半島に断続的に分布し,山野日当りのよい場所にまれに生える。茎は直立し白毛を密生する。葉は厚くアザミに似ていて,根出葉は長さ 15~20cmで長い柄があり,羽状に深裂する。裂片の縁には先端がとげになる鋸歯がある。上面は緑色で,下面には白色の綿毛が密生する。初秋に,茎頂に青藍色で球形頭状花をつけ,この頭花はすべて管状花でできている。かつて日本が朝鮮と地続きであったことを示す植物の一つと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android