コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシバッタ

2件 の用語解説(ヒシバッタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒシバッタ

直翅(ちょくし)目ヒシバッタ科の昆虫。体長10mm内外。土色で背面に黒紋があることが多い。日本全土に分布し,乾燥した畑地や草地に多い。後翅は短くほとんど飛べない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒシバッタ
ひしばった / 菱蝗
grouse locust
[学]Acridium japonicum

昆虫綱直翅(ちょくし)目ヒシバッタ科に属する昆虫。地表面で生活する土色の、バッタに似た小形の虫。前胸背板が後方に強く伸長して、背面からみると全体が菱(ひし)形にみえるので、この名がある。バッタを押しつづめたような形をしている。前翅は鱗片(りんぺん)状に退化するが、後翅は腹端に届く長さで、扇子のような形をしており、前胸背板下の腹部側方にぴたりと折り畳まれていて目だたない。はねで飛ぶことはなく、むしろ力強く発達した後肢の跳躍を用いて、よく跳びはねる。前胸背板には紋をもつものもあるが、中間型が出たり、消失したりする。日本全土、朝鮮半島、中国、シベリアなどに分布する。なお、この種はしばしば農作物を加害することがある。
 ヒシバッタ科Tetrigidaeの昆虫はいずれも小形で前胸背板に特徴がある。前・中肢の(ふせつ)は2節、後肢のそれは3節で、爪間盤(そうかんばん)や鼓膜を欠く点でバッタ類と異なる。湿った地表面に好んですむ。日本にはヒシバッタのほか、本州以南にすむトゲヒシバッタCriotettix bispinosus、奄美(あまみ)大島以南にすむヒラタヒシバッタPotua platynotaなど数種が分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒシバッタの関連キーワードイナゴ直翅類飛蝗河原蝗虫菱蝗負蝗虫ころぎす擬精霊蝗蚤蝗

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone