コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエグサ

栄養・生化学辞典の解説

ヒトエグサ

 [Monostroma nitidum].アオサ藻綱ヒビミドロ目ヒトエグサ属の海藻.佃煮にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトエグサ
ひとえぐさ / 一重草
[学]Monostroma

緑藻植物、ヒトエグサ科ヒトエグサ属の海藻をいう。おもな種類には、本州中南部から南西諸島にかけて分布するヒトエグサM. nitidum、本州中南部に多いヒロハノヒトエグサM. latissimum、北海道から本州内湾部にみられるウスヒトエグサM. grevillei、北海道から東北沿岸に分布するモツキヒトエM. zostericola、エゾヒトエグサM. angicava、シワヒトエグサM. undulatumなどがある。
 とくにヒロハノヒトエグサは水産上、有用な種類で、葉体は一層細胞からできており、薄く柔らかい膜質である。高さ10~20センチメートルに達するが、成長すると葉面に多数の小穴を生ずるという特徴がある。外海から湾奥部にかけての潮間帯上部の岩盤や木石上に群落をつくる一年生海藻で、内湾で生育がよい。冬から春にかけて繁茂し、初夏に成熟して胞子をつくる。葉体が鮮緑色で、光沢や香りがあるので、青のり、銀青、べっこう青などとよばれ、三重をはじめ、愛媛、徳島、愛知、静岡などの各県沿岸で養殖が行われている。養殖方法はアサクサノリ養殖とほぼ同様であるが、収穫したあとは、ばら干しか、板状に抄(す)いて乾燥し、いずれも、そのほとんどがのり佃煮(つくだに)の原料とされる。また、九州や沖縄地方などでは、古くから汁の実にも用いている。[喜田和四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒトエグサの関連キーワードヒトエグサ(一重草)ヒトエグサ(単衣草)アオノリ(青海苔)四万十川の青さのりラビリンチュラ類カワノリ(川苔)緑藻植物アオノリイワノリ世代交代一重草眼点緑藻海苔

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒトエグサの関連情報