ヒトツバ(一つ葉)(読み)ヒトツバ(英語表記)Pyrrosia lingua; tongue fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツバ(一つ葉)
ヒトツバ
Pyrrosia lingua; tongue fern

ウラボシ科の常緑性シダ植物。アジア東部から南部の暖帯に広く分布し,おもに乾燥した岩上や樹幹に着生する。根茎は長く匍匐し,円柱形で硬く,線状披針形で縁に毛状の突起のある鱗片を密生する。葉は長さ 40cm前後の披針形で厚く,下面は灰褐色の星状毛で密におおわれる。胞子葉は栄養葉より幅が狭く,胞子嚢群が込合ってつき,下面全体またはその大部分をおおう。葉の形に変化が多く,観賞用として栽培されるものにフイリヒトツバ,シシヒトツバ,ハゴロモヒトツバなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android