コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツバ

3件 の用語解説(ヒトツバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒトツバ

ウラボシ科の常緑シダ。本州中部〜沖縄に分布し,乾燥した岩上や崖などにはえる。針金状の硬い茎が長くのび,まばらに葉が立つ。葉は単葉で長さ25〜45cm,革質で厚く,星状毛が密生し白褐色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツバ【Japanese felt fern】

関東以南の暖地の,乾燥した岩上や樹幹にやや普通に見られるウラボシ科の常緑多年生シダ植物。根茎は長く匍匐(ほふく)し,直径3mmほど,針金のようにかたく,先端部は線状披針形の鱗片でおおわれる。葉は単葉で(和名のヒトツバ,学名のlingua,英名のtongue fernはこれに由来する),裏面には星状毛が密生し,葉の表にはまばらに同様の毛がある。胞子囊群は葉の側脈間にこみあって生じ,裏面の大部分をべったりとおおう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツバ
ひとつば / 一葉
Japanese felt ferntongue fern
[学]Pyrrosia lingua (Thunb.) Farwell

ウラボシ科の常緑性シダ。長くはう根茎から30センチメートル前後の舌状の単葉を生ずる。栄養葉に比べると、胞子葉はやや幅が狭く、背は高い。胞子嚢(のう)は葉裏一面を覆う。茨城県以西に広く分布し、山地の日当りのよい岩上や樹幹に着生するが、地上に大群落をつくることもある。ヒトツバは観葉植物としても栽植されるほか、漢方では全草を利尿、通経、外傷の治療に用いる。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトツバの関連キーワード乾燥食品乾燥卵足高蜘蛛一葉苔忍すだ椎暖地棒蘭豆蔦乾燥肉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒトツバの関連情報