ヒドロモルフォン塩酸塩製剤(読み)ヒドロモルフォンエンサンエンセイザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

製品名
ナルサス(第一三共、第一三共プロファーマ)
ナルラピド(第一三共、第一三共プロファーマ)

 ヒドロモルフォン塩酸塩製剤は、モルヒネよりも強力なオピオイド系とよばれる鎮静剤で、中等度から高度の疼痛を伴う各種ガンの鎮痛に使用されます。


 ナルラピドは、服用後すぐに効果が現れる即効性製剤のため、突出痛に使用されます。


 ナルサスは、服用後に成分が少しずつ溶ける徐放性製剤のため、持続的な痛みに使用されます。


発疹ほっしん、かゆみなどの過敏症状、薬物依存、呼吸抑制(息切れ、呼吸緩慢、不規則な呼吸、呼吸異常など)、意識障害(昏睡、昏迷、錯乱、せん妄など)、イレウス(麻痺性イレウスを含む)、中毒性巨大結腸が現れることがあります。このような症状が現れたときは、使用を中止し、すぐ医師に報告してください。


②傾眠、吐き気・嘔吐、便秘、めまい、味覚異常、食欲不振、肝機能異常、倦怠感などが現れることがあります。このような症状が現れたときは、医師に相談してください。


①ナルラピドは錠剤で、突発的な痛みが現れたときに1日4~24mgを4~6回に分けて服用します。また、決まった時間に服用する場合は、1日量を4分割するときは6時間ごと、1日量を6分割するときは4時間ごとに服用してください。


 ナルサスは錠剤で、4~24mgを1日1回服用します。錠剤は体内でゆっくり溶けるため、割ったり、砕いたり、あるいはかみ砕かないで服用してください。


 用法・用量については、医師・薬剤師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、あるいは増量・減量しないでください。


②この薬の成分及びアヘンアルカロイドに対して過敏症、重い呼吸抑制、気管支喘息ぜんそく発作中、慢性肺疾患に続発する心不全、けいれん状態、麻痺性イレウス、急性アルコール中毒、出血性大腸炎、細菌性下痢などの病気がある人は使用できません。


③心・呼吸・肝・腎機能に障害がある人、脳に器質的障害がある人、ショック状態、代謝性アシドーシス、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能低下症、薬物依存・アルコール依存またはその病歴がある人などのある人、高齢者などは、医師に相談してから用いてください。


④妊婦または妊娠している可能性がある人、母乳で授乳中の人は、この薬を使用できないことがります。


⑤ねむけ、めまいが起こることがあるので、自動車運転や危険を伴う作業は避けてください。


⑥吸入麻酔剤、MAO阻害剤、三環系抗うつ剤βブロッカー製剤、アルコール、ワルファリン、抗コリン作用薬剤、ブプレノルフィンペンタゾシンなどと併用すると副作用が現れたり、この薬の作用が増強・減弱することがあります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android