コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバマタ (flat) wrack

世界大百科事典 第2版の解説

ヒバマタ【(flat) wrack】

北海道や東北地方などの寒海域の沿岸に広く分布し,高潮線付近の岩上に群生するヒバマタ科の葉状褐藻(イラスト)。体は扁平で,叉状(さじよう)分枝を繰り返して全体は扇形となる。高さ15~20cm,幅1~2cmとなり,先端部を除いて中肋が明りょうである。夏に体の先端部に生卵器と造精器をつくり,ここで減数分裂が起きて単相の卵と精子ができる。受精の結果できた接合子は,発芽してふつうに見る藻体に生育する。すなわち藻体は複相であり,単相の世代はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒバマタ
ひばまた
[学]Fucus evanescens C. Agardh

褐藻植物、ヒバマタ科の海藻。ヒバツノマタともいう。暗褐色で、やや硬い手ざわりの扁平(へんぺい)葉状体。2~3回叉(さ)状分岐し、外形はツノマタに似る。体長は15センチメートル内外。寒海性の海藻で、東北地方以北の外海、潮間帯上層に周年生育する。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒバマタの言及

【エゾイシゲ】より

…寒海域の潮間帯の岩上に群生し,叉(さ)状に分枝を繰り返して扇状になる褐藻ヒバマタ科の海藻。体の下部は円柱状であるが,上部はやや平たく,先端はへら形になる。…

※「ヒバマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒバマタの関連キーワードホンダワラ(馬尾藻)マメダワラ(豆俵)ヒバマタ(檜葉股)ヨレモク(撚藻屑)トゲモク(棘藻屑)スギモク(杉藻屑)ネジモク(捩藻屑)ヒジキ(鹿尾菜)鹿尾菜・羊栖菜檜葉股・桧葉股ほんだわらジョロモクエゾイシゲホンダワラアカモク海虎の尾褐藻植物配偶体赤藻屑鋸藻屑

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android