コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメネズミ(姫鼠) ヒメネズミ Apodemus argenteus

1件 の用語解説(ヒメネズミ(姫鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメネズミ【ヒメネズミ(姫鼠) Apodemus argenteus】

北海道,本州,四国,九州の森林にすむ日本固有の尾の長い小型のノネズミイラスト)。齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類。アカネズミに似るが,体は細くスマートで,前足,後足ともに小さく,体色は背面が美しい栗色,腹面は白色。体長7.5~10cm,尾長7.5~11cm,体重は15g前後。平地から高山まで,うっそうと茂る林床の暗い森に好んですみ,個体数は1ヘクタール当り20~30頭とかなり多い。高山帯のハイマツ林にもすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメネズミ(姫鼠)の関連キーワード赤啄木鳥大赤啄木鳥黒鵐島梟内地山鳥青鳩蝦夷栗鼠谷地鼠森林蓄積

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone