コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュウガミズキ

百科事典マイペディアの解説

ヒュウガミズキ

マンサク科の落葉低木。本州(中部〜近畿)の日本海側の山野にはえる。枝は多く分枝して細く,葉は卵形で小さく先がとがり,縁には針状鋸歯(きょし)がある。3〜4月,葉の出る前に前年枝の先端や節から花穂を出し,黄色5弁の花を下向きに開く。果実は10月褐色に熟して2裂する。庭木などとする。名とは違って九州には野生しない。近縁トサミズキがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒュウガミズキ
ひゅうがみずき / 日向水木
[学]Corylopsis pauciflora Sieb. et Zucc.

マンサク科の落葉低木。高さ3メートルほどになる。幹は黄褐色、枝は細く、よく分枝する。葉は卵形、長さ3~5センチメートル、先端が芒(のぎ)状にとがる鋸歯(きょし)がある。花は3~4月、葉よりも先に開き、下垂する穂状花序に2、3個つき、黄色。(さくか)は広倒卵形。黒色でつやのある長楕円(ちょうだえん)形の種子が2個ある。本州(北陸地方西部および近畿地方北部)、台湾に分布し、蛇紋岩地や石灰岩地などのやせた土地に生える。日向(ひゅうが)の名があるが宮崎県には自生せず、トサミズキに比して全体が小形であるためヒメミズキといい、それが訛(なま)ってヒュウガミズキとよぶようになったという。庭園樹としてしばしば栽培される。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒュウガミズキの言及

【トサミズキ】より

… トサミズキ属Corylopsisは東アジアからヒマラヤに20種近くが知られる。日本ではほかにヒュウガミズキ(別名イヨミズキ)C.pauciflora Sieb.et Zucc.(イラスト)が,トサミズキよりふつうに植えられる。総状花序は2~3個の花からなる。…

※「ヒュウガミズキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュウガミズキの関連キーワードトサミズキ(土佐水木)マンサク科伊予水木ミズキ水木

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android