コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュウガミズキ

2件 の用語解説(ヒュウガミズキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒュウガミズキ

マンサク科の落葉低木。本州(中部〜近畿)の日本海側の山野にはえる。枝は多く分枝して細く,葉は卵形で小さく先がとがり,縁には針状の鋸歯(きょし)がある。3〜4月,葉の出る前に前年枝の先端や節から花穂を出し,黄色5弁の花を下向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒュウガミズキ
ひゅうがみずき / 日向水木
[学]Corylopsis pauciflora Sieb. et Zucc.

マンサク科の落葉低木。高さ3メートルほどになる。幹は黄褐色、枝は細く、よく分枝する。葉は卵形、長さ3~5センチメートル、先端が芒(のぎ)状にとがる鋸歯(きょし)がある。花は3~4月、葉よりも先に開き、下垂する穂状花序に2、3個つき、黄色。(さくか)は広倒卵形。黒色でつやのある長楕円(ちょうだえん)形の種子が2個ある。本州(北陸地方西部および近畿地方北部)、台湾に分布し、蛇紋岩地や石灰岩地などのやせた土地に生える。日向(ひゅうが)の名があるが宮崎県には自生せず、トサミズキに比して全体が小形であるためヒメミズキといい、それが訛(なま)ってヒュウガミズキとよぶようになったという。庭園樹としてしばしば栽培される。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒュウガミズキの言及

【トサミズキ】より

… トサミズキ属Corylopsisは東アジアからヒマラヤに20種近くが知られる。日本ではほかにヒュウガミズキ(別名イヨミズキ)C.pauciflora Sieb.et Zucc.(イラスト)が,トサミズキよりふつうに植えられる。総状花序は2~3個の花からなる。…

※「ヒュウガミズキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒュウガミズキの関連キーワード蘇合香酸塊土佐水木梅花甘茶日向水木満作梅空木高嶺薔薇丸葉の木深山柳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone