コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュペリオン Hyperion

翻訳|Hyperion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュペリオン
Hyperion

土星衛星。1848年にアメリカ合衆国ウィリアム・ボンド,ジョージ・ボンド父子,時を同じくしてイギリスのウィリアム・ラッセルが発見。光度 14等,直径 290km,公転周期 21日7時間39分。最大の衛星チタンのすぐ外側を公転するため,軌道の変化が大きい。

ヒュペリオン
Hyperion

ギリシア神話の神。大地ガイアと天ウラノスの母子婚から生れたティタンたちの一人。姉妹テイアと結婚し,太陽ヘリオス,月セレネ,曙エオスらの父親となった。名前が「高空を行く者」を意味し,自身も古い太陽神であったと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒュペリオン

ギリシア神話のティタン神族の一人。姉妹テイアを妻とし,太陽神ヘリオス,月神セレネ,曙女神エオスの父。ヘルダーリンの小説《ヒュペーリオン》にその名を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ヒュペリオン【Hyperīōn】

○ ギリシャ神話で、ティタン神族の一人。ウラノスとガイアの子。姉妹のテイアを妻とし、太陽神ヘリオス・月神セレネ・曙あけぼのの女神エオスの父となる。時にヘリオスの称呼ともなる。
〔原題 ドイツ Hyperion oder der Eremit in Griechenland〕 ヘルダーリンの書簡体小説。1797~99年刊。ギリシャの青年ヒュペリオンは、祖国の独立戦争に参加して負傷し、一方彼の美の理想としてあがめる恋人ディオティーマは病死する。作者の古代ギリシャに対する憧れと、ドイツへの幻滅が抒情的に示される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のヒュペリオンの言及

【ヘリオス】より

…ギリシア神話の太陽神。ティタン神ヒュペリオンHyperiōnの子で,曙の女神エオスと月の女神セレネの兄弟。キルケ,ファエトンの父。…

※「ヒュペリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュペリオンの関連キーワードギリシア神話

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒュペリオンの関連情報