コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨクドリ Cicinnurus regius; king bird-of-paradise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒヨクドリ
Cicinnurus regius; king bird-of-paradise

スズメ目フウチョウ科。全長 16cm(針金状の尾羽を除く)。雄は頭部,胸,背,,尾が美しい紅色で,下胸に黄色と緑色の帯があり,腹は白い。胸には扇状の飾り羽があり,2本の尾羽の羽軸は針金状に伸び,先端にのみ緑色の羽(羽弁)があって内側に巻いている。雌は全身がほとんど褐色で,腹面には淡い暗色の横縞がある。脚は雌雄ともコバルト色。雄は樹上で,胸の飾り羽と尾羽を立ててどちらも扇のように広げ,さらに先端に羽のついた針金状の 2本の尾羽も立て,鳴き声を発しながら体を震わせてディスプレイを行なう。ときには枝に逆さにぶら下がりながらこの行動を見せる。ニューギニア島と周辺の島の森林に生息する。かつては飼鳥として日本にまれに入って来たが,今日では保護のためニューギニア島からの移出が禁止されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒヨクドリ

オウフウチョウ(王風鳥)とも。フウチョウ科の鳥。いわゆるゴクラクチョウの一種で,大きさはムクドリくらい。雄は背面深紅色,上胸に金緑色の横帯がある。雌は暗褐色。ニューギニアに分布し,森林にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨクドリ
ひよくどり / 比翼鳥
king bird-of-paradise
[学]Cicinnurus regius

鳥綱スズメ目フウチョウ科の鳥。ニューギニア島の低地の森林に広く分布する。全長約14.5センチメートルであるが、雄の中央尾羽は線状でさらに10センチメートル以上長く伸びている。雌雄異色で、雄の上面は赤く胸腹面は白くて、胸側には扇形の飾り羽があって求愛行動の際にはそれを広げる。雌はじみな茶褐色である。フウチョウ類のなかでもっとも古くからヨーロッパに知られていたものの一つである。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒヨクドリの関連キーワード生痕化石イイズナオイカワキュウカンチョウ(九官鳥)キョウジョシギコウライウグイススイジガイ水上スキーダチョウ茶筅髪

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android