ヒヨケムシ(読み)ひよけむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨケムシ
ひよけむし / 日避虫

節足動物門クモ形綱避日(ひび)目Solifugaeの陸生動物の総称。大形のクモ形類で、体は毛深く、一様に黄色ないし褐色であるが黒色のものもある。体長は最大68センチメートルに達する。雄は雌より小形であるが、脚(あし)は比較的長い。前体背面の前が膨れた大きくて堅い背板に覆われ、密接した1対の中央眼と痕跡(こんせき)的な1ないし2対の側眼がある。鋏角(きょうかく)はよく発達し、頭部と同じくらい強大なあごとなり、その鋏(はさみ)で獲物を殺す。触手は6節で末端につめがなく、特別な吸盤状の感覚器官となる。第1脚は鞭(べん)状感覚器官のようで、残りの脚が歩脚の用をなしている。第4歩脚は強大で、その基部下面に特徴的な5個のラケット状器官があり、これは生殖に関係のある感覚器と考えられる。夜行性のものと昼間活動するものとがあり、肉食で極度に貪食(どんしょく)である。毒腺(どくせん)はないが人間に対するこの類の咬傷害(こうしょうがい)はひどい。熱帯から亜熱帯に産し、とくに砂漠に多い。ヒヨケムシ類は10科に属する約700種が知られるが、日本には生息していない。

[森川国康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例