コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタケ

3件 の用語解説(ヒラタケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヒラタケ

 [Pleurotus ostreatus].アナタケ目サルノコシカケヒラタケ属の食用キノコ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒラタケ

シメジ科の中型キノコ。世界の温帯に広く分布し,山林内の朽ちた広葉樹などに重なって発生。かさは半円形で径10cm内外,厚い肉質で表面は平滑,淡黄褐色,白色,灰色などとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタケ
ひらたけ / 平茸
[学]Pleurotus ostreatus (Fr.) Qul.

担子菌類、マツタケ目ヒラタケ科の食用キノコ。日本全土をはじめ、全世界に分布し、食用とされる。また、人工栽培も盛んである。日本で栽培されるヒラタケの若いものはシメジ(ホンシメジ)に似ているため、シメジの名で売られているが、これは誤りである。
 野生のヒラタケは、傘が半円形または扇形で、側方に短い茎をつける。幅5~15センチメートル。表面は滑らかで、若いときは青黒いが、まもなく色あせてねずみ色から灰白色になる。ひだは白く茎に垂生。茎には白い短毛が生えている。胞子紋は淡いピンク色を帯びる。晩秋から冬にかけて、広葉樹の枯れ木に重なり合って群生する。しばしば雪の下からでも生えるので、福島県の会津地方ではカンタケともよぶ。東北地方では、一般にワカエの名で親しまれる。シイタケよりも日本人にはなじみが古く、『今昔物語集』にもヒラタケにちなむ逸話が載せられている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラタケの関連キーワードホンシメジ一本占地紫湿地黄占地千本占地橅湿地エノキタケシメジナラタケマイタケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒラタケの関連情報