コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアボーム Beerbohm, Sir Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビアボーム
Beerbohm, Sir Max

[生]1872.8.24. ロンドン
[没]1956.5.20. ラパロ
イギリスの随筆家,カリカチュアリスト。オックスフォード大学在学中から雑誌『イエロー・ブック』にエッセーを発表。 1898年 G.B.ショーのあとをうけて『サタデー・レビュー』誌の劇評を担当。エッセーや批評はいずれも機知に富み,世紀末のダンディズムを表わしている。『ロセッティとその一派』 Rossetti and His Circle (1922) などの戯画,同時代の文学者たちのパロディーが多数あり,オックスフォードを風刺した小説『ズレイカ・ドブソン』 Zuleika Dobson (1911) も有名。第2次世界大戦中を除いて,後半生はイタリアのリビエラに住んだ。 1939年ナイトに叙せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビアボーム【Max Beerbohm】

1872‐1956
イギリスの随筆家,小説家,風刺画家。オックスフォード大学在学中から《イェロー・ブック誌上に軽妙痛烈な戯文,風刺画を発表,早熟な才人としてジャーナリズムに迎えられた。1898年にはG.B.ショーのあとをうけて《サタデー・レビュー》紙の劇評を担当した。戯曲集《詩人の一隅》(1904),《五十の戯画集》(1913),《ロセッティとその一派》(1922)などは,誇張によってかえって実像の裏にある本質を引き出す奇妙な味わいをかもし,独自の世界を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビアボーム
びあぼーむ
Sir Max Beerbohm
(1872―1956)

イギリスの随筆家、小説家、劇評家。オックスフォード大学在学中から風刺漫画や軽妙な筆致の文章で頭角を現し、G・B・ショーの後任として『サタデー・レビュー』の劇評を担当。知友の文学的肖像という散文ジャンルを確立した奇才。パロディー集『ロセッティとその一統』(1922)、小説『ズーレイカ・ドブスン』(1911)などがある。[土岐恒二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビアボームの関連キーワードセシル(Lord Edward Christian David Gascoyn Cecil)ハリス(Frank Harris)リード(Carol Reed)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android