コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアボーム ビアボーム Beerbohm, Sir Max

3件 の用語解説(ビアボームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビアボーム
ビアボーム
Beerbohm, Sir Max

[生]1872.8.24. ロンドン
[没]1956.5.20. ラパロ
イギリスの随筆家,カリカチュアリスト。オックスフォード大学在学中から雑誌『イェロー・ブック』にエッセーを発表。 1898年 G.B.ショーのあとをうけて『サタデー・レビュー』誌の劇評を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビアボーム【Max Beerbohm】

1872‐1956
イギリスの随筆家,小説家,風刺画家。オックスフォード大学在学中から《イェロー・ブック》誌上に軽妙痛烈な戯文,風刺画を発表,早熟な才人としてジャーナリズムに迎えられた。1898年にはG.B.ショーのあとをうけて《サタデー・レビュー》紙の劇評を担当した。戯曲集《詩人の一隅》(1904),《五十の戯画集》(1913),《ロセッティとその一派》(1922)などは,誇張によってかえって実像の裏にある本質を引き出す奇妙な味わいをかもし,独自の世界を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビアボーム
びあぼーむ
Sir Max Beerbohm
(1872―1956)

イギリスの随筆家、小説家、劇評家。オックスフォード大学在学中から風刺漫画や軽妙な筆致の文章で頭角を現し、G・B・ショーの後任として『サタデー・レビュー』の劇評を担当。知友の文学的肖像という散文ジャンルを確立した奇才。パロディー集『ロセッティとその一統』(1922)、小説『ズーレイカ・ドブスン』(1911)などがある。[土岐恒二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビアボームの関連キーワード平山芦江ハドソンラムオックスブリッジイギリス巻ブッカー賞イギリスの名車Miniバースデーの日ギルレークルックシャンクイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone