コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジネス・ゲーム business game

翻訳|business game

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジネス・ゲーム
business game

シミュレーションの考え方に基づくケース・メソッドによる教育訓練の一方式。生産,販売,研究開発,設備投資など,経営の実態をモデルとした模擬会社を数社つくり,受講者をそこの経営幹部に見立て,一定のルールに従って各種の意思決定を行わせ,その成果を比較検討することによって互いに競争させる仕組みになっている。いわば「会社ごっこ」である。アメリカ海軍大学の図上演習にヒントを得て,アメリカ経営者協会 AMAやハーバード大学が経営幹部の教育訓練用に工夫改良したのが始りである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

ビジネス・ゲーム【business game】

マネジメント・ゲームともいわれ、ゲームをやりながら計数感覚や意思決定のやり方を訓練するもの。参加者を5〜6名のグループに分けそれぞれのグループを1つの会社とみたて、与えられた資本金や生産能力、販売地区などの一定条件のもとで生産計画、販売計画、人員計画、資金計画など実際の経営の場で生じる意思決定をし、その経営成績を競うもの。意思決定を誤ると、過剰生産に陥ったり資金繰りにゆきづまったりして会社経営はピンチを迎えることになり、参加者は意思決定の重要性を模擬体験を通して学ぶことができる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジネス・ゲーム
びじねすげーむ
business game

経営者や管理者の教育訓練の一方法。企業の内部組織と外部環境(市場)の相互作用をモデル化し、競争状態に置かれた各企業をチームとして経営上の意思決定の優劣を争う。まず参加者を数チームに分け、各チームが一企業の経営陣を構成するものとし、各人は全般管理、企画、生産、販売などの職能を分担する。市場状況と各企業の初期条件(資産、生産能力、売上高、従業員、コストなど)のデータが与えられる。各チームはそれぞれ独立して協議によりこれらのデータを分析し、そのうえで求められた各種の意思決定(生産量、価格、設備投資、資本調達など)を行って審判団に提出する。審判団は、あらかじめモデル化されているルールに従って各チームの意思決定を評価し、経営業績を算出して各チームにフィードバックする。これで第一期が終了する。各チームは、この結果に基づいて第二期の意思決定を行う。以下、この手順を数期反復して、最終期の業績によって勝敗を決する。意思決定の拙劣なチームは、途中で倒産することもありうる。このゲームは、総合的な経営上の判断を体験できる特色がある。生産、販売、財務などに特化したゲームもつくられている。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビジネス・ゲームの関連キーワードオペレーションズ・リサーチシミュレーションゲームマネジメント・ゲーム販売員教育経営教育

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビジネス・ゲームの関連情報