コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスコンチ Visconti, Gian Galeazzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスコンチ
Visconti, Gian Galeazzo

[生]1351. ミラノ
[没]1402.9.3. メレニャーノ
ミラノ公 (在位 1395~1402) 。ビスコンチ家全盛期の支配者。ミラノの西半分を父ガレアッツォ2世から相続したが,東半分を領有する叔父ベルナボを捕えて獄死させ,娘バレンティーナをフランス王シャルル6世の弟オルレアン公ルイにとつがせた。さらに大金を払って神聖ローマ帝国皇族の身分を獲得,1395年ミラノ公の称号を与えられて僭主支配から君主制に移行。軍事・外交両面にわたるすぐれた手腕を発揮して,ベロナ (1387) ,ピサ (99) ,シエナ (99) ,ウンブリアの諸都市 (1400) ,ボローニャ (02) などを版図に加え,北イタリアには余すところフィレンツェのみとなったが,その攻撃途上病死した。また,ミラノ大聖堂の建設をはじめとして,文芸の保護,奨励に努め,ペトラルカとの親交もあった。

ビスコンチ
Visconti, Luchino

[生]1906.11.2. ミラノ
[没]1976.3.17. ローマ
イタリアの演出家,映画監督。演劇,映画で活躍。映画作品としては,第1作目の『妄執』 Ossession (1942) 以後,ネオレアリズモ映画の代表作『揺れる大地』 La Terra Trema (48) ,すぐれたスタイルの『夏の嵐』 Senso (53) ,『ベニスに死す』 La Morte a Venezia (71) などを発表した。徹底した時代考証と,官能的な映像で,死後も崇拝者は絶えない。舞台ではシェークスピア,ゴルドーニ,コクトー,サルトル,アヌイ,A.ミラー,T.ウィリアムズらの作品を演出した。

ビスコンチ
Visconti, Matteo I

[生]1250. インボリオ
[没]1322.6.24. ミラノ
イタリア,ミラノの支配者。ビスコンチ家の出身。 1287年ミラノ僭主に選ばれ,大伯父のミラノ大司教と神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世の庇護のもとに皇帝代理とシニョーレ (→シニョリーア制 ) の称号を得た。 1315年までにピアチェンツァベルガモコモクレモナ,トルトナ,パビアナバラなどを軍事力で手中に収めた。しかし領土拡大政策は教皇ヨハネス 22世の逆鱗に触れるところとなり,破門され,22年息子ガレアッツォ1世に位を譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビスコンチの関連キーワードアンブロジアーナ共和国グレゴリウス11世カルマニョーラスフォルツァ家ルプレヒト1世マストロヤンニイタリア映画ゴンツァガ家イタリア演劇ゼフィレッリビスコンティルイジ1世シニョーレ高野悦子大伯父

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android