コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグ・ベン Big Ben

翻訳|Big Ben

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビッグ・ベン
Big Ben

イギリス,ロンドンイギリス国会議事堂の上にある,正確さと重さで有名な大時(→)。議事堂北側にそびえるウェストミンスターの時計塔(96m)につるされている。1859年にエドマンド・ベケットの設計により鋳造されたが,当初の工事を担当したベンジャミン卿の功績にちなんでこの名称で呼ばれ,のちにこの時計全体の名称となった。鐘の直径約 2.7m,重量 13.5t,当時 4万ポンドの費用を要してつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビッグ・ベン

英国の首都,ロンドンにあるイギリス国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)に併設される時計塔の愛称。高さ95mで,1860年に完成。小さな鐘が15分ごと,大きな鐘が鳴るのは1時間ごとで,4面にある時計盤は直径が7.5mもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッグ・ベン
びっぐべん
Big Ben

ロンドン、イギリス国会議事堂の時計塔についている巨大な時鐘。重さが13トン半もあり、15分ごとにそのどっしりした音をテムズの川面(かわも)に響かせる。国会議事堂が完成したのは1850年で、初代の時鐘設置委員長だったサー・ベンジャミン・ホール自身の愛称ビッグ・ベンにちなみ、この大時鐘もビッグ・ベンとよばれるようになった。時計塔は高さ97メートルの角形で、四面に径7メートルの文字盤を備えている。[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビッグ・ベンの言及

【イギリス国会議事堂】より

…屋根の小屋組みは鉄骨造,空調設備も設けられた近代的建築であった。時計塔(高さ約100m)内の大時鐘(直径2.8m,重さが13.5t)は,大男の工事責任者ホールBenjamin Hallの愛称をとって〈ビッグ・ベンBig Ben〉と名付けられた。議事堂は第2次大戦で破壊されたが,この議場こそ議会精神の体現であるという首相W.チャーチルの演説によって,旧状どおりに復元された。…

※「ビッグ・ベン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビッグ・ベンの関連キーワードウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会リオ・グランデ川(アメリカ合衆国)アブラージュ・アルバイトベン ロスリスバーガーウエストミンスター宮殿ロンドン(イギリス)イギリスの国会議事堂カナダの国会議事堂ベン ウォーレスアスマラ大聖堂ビクトリア州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビッグ・ベンの関連情報