コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビドー ビドー Bidault, Georges

2件 の用語解説(ビドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビドー
ビドー
Bidault, Georges

[生]1899.10.5. ムーラン
[没]1983.1.26. カンボレンバン
フランスの政治家。 1925年パリ大学卒業。 32年カトリック左派の新聞『ローブ』を創刊。第2次世界大戦中,レジスタンス運動を行い,43年レジスタンス全国評議会 CNR議長。 44年人民共和派 MRPの創設に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビドー
びどー
Georges Bidault
(1899―1983)

フランスの政治家。リセの歴史学教授のかたわら第二次世界大戦までは左翼カトリック系ジャーナリズムで活躍した。大戦中は対独レジスタンスに参加し、ドイツ軍に捕らわれたジャン・ムーラン初代議長の後を継いで1943年全国抵抗評議会(CNR)第2代議長となる。解放後はドゴール臨時政府の外相(1944~1946)を務める一方、1944年にカトリック政党の人民共和派を創設した。1946年と1949~1950年の二度首相となったほか、1944年から1954年の間に数度外相を務め、親米外交と欧州統合を推進した。アルジェリア独立に敵対して1958年のドゴール再登場に協力したが、独立容認に傾くドゴールに欺かれたと信じて地下テロ組織(OAS)に参加し、1962年から1968年まで海外に亡命した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビドーの関連キーワードサーランギムーラムーラン・ド・ラ・ギャレットムールーラバゲー・ムーランの踊子ヒーランムーザムームーちゃんムーランド《ムーラン・ルージュにて》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビドーの関連情報