コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビドー Bidault, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビドー
Bidault, Georges

[生]1899.10.5. ムーラン
[没]1983.1.26. カンボレンバン
フランスの政治家。 1925年パリ大学卒業。 32年カトリック左派の新聞『ローブ』を創刊。第2次世界大戦中,レジスタンス運動を行い,43年レジスタンス全国評議会 CNR議長。 44年人民共和派 MRPの創設に尽力。 44~46年 C.ドゴール臨時政府の外相,46年首相。 49年には MRP党首となったが,アルジェリア問題などで保守的な意見を主張し,58年 MRPを離党。同年6月キリスト教民主党 DCFを結成し党首となった。 61年アルジェリア政策でドゴールと対立,地下活動を指導したため,62年議員の特権を剥奪され,63~67年ブラジル,67年ベルギーへ亡命。 68年6月特赦で帰国。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビドー
びどー
Georges Bidault
(1899―1983)

フランスの政治家。リセの歴史学教授のかたわら第二次世界大戦までは左翼カトリック系ジャーナリズムで活躍した。大戦中は対独レジスタンスに参加し、ドイツ軍に捕らわれたジャン・ムーラン初代議長の後を継いで1943年全国抵抗評議会(CNR)第2代議長となる。解放後はドゴール臨時政府の外相(1944~1946)を務める一方、1944年にカトリック政党の人民共和派を創設した。1946年と1949~1950年の二度首相となったほか、1944年から1954年の間に数度外相を務め、親米外交と欧州統合を推進した。アルジェリア独立に敵対して1958年のドゴール再登場に協力したが、独立容認に傾くドゴールに欺かれたと信じて地下テロ組織(OAS)に参加し、1962年から1968年まで海外に亡命した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビドーの関連キーワードシューマン(Robert Schuman、政治家)アブラハム(Karl Abraham)アルフレッド アドラー英仏同盟相互援助条約カール アブラハムシュワイツァー心的エネルギーパーソナリティ新フロイト派ナルチシズム10月5日リオタールカセクシスシューマン個人心理学アブラハムバレーズデュプレ快感原則サイヤン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android