ローブ(英語表記)robe[フランス]

デジタル大辞泉 「ローブ」の意味・読み・例文・類語

ローブ(〈フランス〉robe)

ワンピース仕立てになったすその長いゆるやかな婦人服
裁判官欧米僧侶が用いる長い上着。法衣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ローブ」の意味・読み・例文・類語

ローブ

  1. 〘 名詞 〙 ( [フランス語・英語] robe )[ 異表記 ] ロープ
  2. ワンピース仕立ての長くゆるやかな婦人服。
    1. [初出の実例]「藍地に水玉模様の地味なローブの後姿で、すぐにそれとわかりはしたが」(出典:落葉日記(1936‐37)〈岸田国士〉八)
  3. 裾まで長くゆったりとした礼服、または職服。裁判官や欧米の僧侶が着る長い上着。
  4. 入浴後に着る、ゆったりとしたタオル地などの部屋着。バスローブ
    1. [初出の実例]「イヴォンヌは〈略〉うす青い天鵞絨のロープを身にまとってゐた」(出典:『 Cocu 』のなげき(1925)〈武林無想庵〉サン・ジャン・カップ・フェラにて)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ローブ」の意味・わかりやすい解説

ローブ
robe[フランス]

中世に男女の着た長いゆったりした外衣とか,化粧着,バスローブとかさまざまの語義があるが,現代では一般的に婦人服,ドレス意味として用いる。また法服なども意味する。英語のガウンに当たり,戦利品,略奪品という意味の古フランス語に由来する。もともとは衣類全体を指す言葉から,一揃いの衣服をいうようになり,身分の高い者の正装に使われるようになった。15世紀には一つの衣服に対してのみ使われる言葉となり,16世紀以降は男性のものは儀式服や法服に限って使われ,ローブは主として女性用表着総称となった。ロココ時代にはローブのいろいろな変形が生まれた。ローブ・ア・ラ・フランセーズrobe à la françaiseは,画家ワトーが好んで描いたので,ワトーひだ(襞)とも呼ばれた。ローブ・ア・ラングレーズrobe à l'anglaiseは簡素なイギリス風,ローブ・ア・ラ・ポロネーズrobe à la polonaiseはポーランド風など,各国のモードをとり入れてフランス化したものが流行した。

 日本明治時代宮中の礼服として採用されたローブ・デコルテrobe décolletéeは,衿を大きくく(刳)り,背や肩をあらわにしたドレス,ローブ・モンタントrobe montanteは衿が首の長さいっぱいまであり,袖も長いドレスをいい,これらは今日にも残されている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ローブ」の意味・わかりやすい解説

ローブ
robe

服飾用語で,3種の語義がある。 (1) 最も広義には衣服,服など,着る物の総称。 (2) 寛衣長衣,ガウン,ドレスなど一般に長くゆったりした衣服または表着。 (3) (2) の意味から礼服,官服,法服など。今日の日本ではおもに (2) の意味として用いる場合が多く,ときには (3) の意味にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android