コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローブ ローブrobe

翻訳|robe

5件 の用語解説(ローブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローブ
robe

服飾用語で,3種の語義がある。 (1) 最も広義には衣服,服など,着る物の総称。 (2) 寛衣,長衣,ガウンドレスなど一般に長くゆったりした衣服または表着。 (3) (2) の意味から礼服,官服,法服など。今日の日本ではおもに (2) の意味として用いる場合が多く,ときには (3) の意味にも用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローブ【robe[フランス]】

中世に男女の着た長いゆったりした外衣とか,化粧着,バスローブとかさまざまの語義があるが,現代では一般的に婦人服,ドレスの意味として用いる。また法服なども意味する。英語のガウンに当たり,戦利品,略奪品という意味の古フランス語に由来する。もともとは衣類全体を指す言葉から,一揃いの衣服をいうようになり,身分の高い者の正装に使われるようになった。15世紀には一つの衣服に対してのみ使われる言葉となり,16世紀以降は男性のものは儀式服や法服に限って使われ,ローブ主として女性用表着の総称となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ローブ【robe】

上下一続きの、長くてゆったりとした衣服。

ローブ【Jacques Loeb】

1859~1924) アメリカの発生学者。ドイツ生まれ。生命現象を物理化学的に説明しようと試みた。1894年、ウニの卵で人工的に無受精生殖を行うことに成功。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローブの関連情報