カトリック政党(読み)カトリックせいとう

世界大百科事典 第2版の解説

カトリックせいとう【カトリック政党】

何らかの意味でカトリシズムを標榜する政党。同じキリスト教政党でもプロテスタント政党はほとんど見当たらないのに対し,カトリック政党は広く見受けられる。これはカトリシズムがバチカンを中心とした国際的な組織であり,それぞれの国の政治勢力から自立して政治運動を展開しやすいことによるものであろう。
[三つの類型
 カトリック政党は歴史的にだいたい三つの類型に分けることができる。その第1は19世紀の中ごろに出現したもので,自由主義に対するたたかいの組織であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カトリック政党の関連情報