コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニヨン

百科事典マイペディアの解説

ビニヨン

米国のアメリカンビスコース社が開発した,塩化ビニル酢酸ビニルを共重合させた繊維。ナイロンの次に1939年に登場した合成繊維耐水性がよいことから漁網に,また化学的抵抗性が高いことからろ過パッドなどに利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビニヨン【vinyon】

塩化ビニル(88%)と酢酸ビニル(12%)をいっしょに重合させてつくった共重合体の繊維で,ナイロンに次いで1939年に現れた合成繊維である。ビニヨン繊維に適する高分子は,分子量が1万~2万8000のものである。低すぎる分子量のものでは弱い繊維しかつくれず,高すぎると溶媒不溶となり紡糸できない。重合によって得られたポリマーアセトンまたはメチルエチルケトンに溶解され,ろ過,脱気後,細孔から押し出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビニヨンの関連キーワードジャン・クロード ガロッタカベルネソービニヨン珍しいキノコ舞踊団アルゼンチンワインジャン ビラールボルドーワインアメリカワインジンファンデルカベルネフランリースリングレンウィックカルメネールチリワインシャルドネ8月10日ワインメルロブドウ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android