コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヨン Villon, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビヨン
Villon, François

[生]1431. パリ
[没]1463以後
フランスの詩人。本名 François de Montcorbierまたは des Loges。フランス最高の抒情詩人の一人。生涯には不明な部分が多く,特に 1463年以後については未詳。 56年までパリで法律を学んだが,若い頃から盗賊や無頼の仲間に入り,窃盗や殺人まで犯して放蕩の限りを尽し,放浪,逃亡,入獄を繰返した。その間にシャルル・ドルレアンの競詩会にも参加。おもな作品は『形見分けの歌』 Lais (1456,『小遺言書』と呼ばれる) ,『遺言書』 Testament (61,『大遺言書』と呼ばれる) に収められている。

ビヨン
Villon, Jacques

[生]1875.7.31. ダンビル
[没]1963頃
フランスの画家。本名 Gaston Duchamp。彫刻家 R.デュシャン=ビヨン,画家 M.デュシャンの兄。 1894年パリに出て風刺画やポスターを描いて生計を立てながら,1903年サロン・ドートンヌの創設に加わった。 11年よりキュビスムの運動に加わり,12年には弟のデュシャン,F.レジェらと「セクシオン・ドール (黄金分割) 」展を開催。以後 30年頃まで版画に専心し,ピカソ,マチスらの絵の色彩版画などを制作したが,再び画壇に戻り,明るい色彩と厳格な構図を統一した独自の画風を確立した。主要作品『ツールーズとアルビの間』 (1941) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビヨン

フランスの詩人。生没年不詳。本名はフランソア・ド・モンコルビエとされる。殺人,窃盗などを犯して,逃走,放浪,投獄の生涯を送り,あやうく絞首刑を免れたこともあり,最後は殺傷事件で1463年パリから追放されて消息不明。詩集《形見》《遺言》などがある。多彩な形式で,過ぎ去った青春への嘆き,貧窮や死の恐怖などを赤裸々に哄笑のうちに歌った,中世最大の詩人である。これらの詩は,ドビュッシーらによって歌曲に作曲された。
→関連項目クラブント

ビヨン

フランスの画家。本名ガストン・デュシャンGaston Duchamp。ダンビル生れ。R.デュシャン・ビヨン,M.デュシャンの兄。ロートレックスタンランの影響を受けた後,1911年キュビスムに参加,1913年にはその一集団である〈セクシヨン・ドールLa Section d'or〉を結成。1940年ガスコーニュに疎開,このころから印象主義的感興とキュビスムの構成とを総合した詩的な風景画を描いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビヨン【François Villon】

フランス中世文学を代表する詩集《ビヨン遺言》の作者に擬せられる謎の人物。生没年不詳。19世紀末に提唱され,現在なお一般に認容されている説によれば,作者はフランソア・ド・モンコルビエという男で,1431年ころパリで生まれる。幼くして父を失い,暮しに困って預けられた養父にその名をもらって,フランソア・ド・ビヨンと名のり,悪友からはあだ名をもらって,フランソア・デ・ロージュ(ずらかり屋のフランソア)と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビヨン【François Villon】

1431頃~1465頃) フランスの詩人。強盗・殺人の罪でしばしば入獄。切々たる悔恨の情と苦い哄笑に満ちた傑作を残した。詩集「小遺言書」「大遺言書」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビヨンの言及

【クラブント】より

…20世紀ドイツのボヘミアン(放浪)文士のなかで,赤裸々な人間性を鋭く暴くとともに,純粋な抒情性を表現した希有の詩才の一人。フランスの詩人F.ビヨンの志向の現代における体現者。彼自身ビヨンを愛し,その後裔を自認した。…

【詩】より

…古いものでは8世紀ごろ成立したイギリスの《ベーオウルフ》があり,北欧の〈エッダ〉と〈サガ〉,ドイツの《ニーベルンゲンの歌》などのゲルマン色の濃いものや,おそらくケルト系のアーサー王伝説群,それに,キリスト教徒の武勲詩の性格をもつフランスの《ローランの歌》,スペインの《わがシッドの歌》などが,いずれも12,13世紀ごろまでに成立する。抒情詩としては12世紀ごろから南仏で活動したトルバドゥールと呼ばれる詩人たちの恋愛歌や物語歌がジョングルールという芸人たちによって歌われ,北仏のトルベール,ドイツのミンネゼンガーなどに伝わって,貴族階級による優雅な宮廷抒情詩の流れを生むが,他方には舞踏歌,牧歌,お針歌などの形で奔放な生活感情を歌った民衆歌謡の流れがあり,これがリュトブフ(13世紀)の嘆き節を経て,中世最後の詩人といわれるフランソア・ビヨン(15世紀)につらなる。ほぼ同じ時期に最後の宮廷詩人シャルル・ドルレアンもいて,ともにバラードやロンドーといった定型詩の代表作を残した。…

※「ビヨン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ビヨンの関連キーワードヴィヨン(François Villon)ヴィヨン(Jacques Villon)ロゾー(Albert Lozeau)鈴木信太郎(フランス文学者)ジャン メッツァンジェジョルジュ バタイユ新アラビアン・ナイトギヨーム・ダキテーヌシャルル・ドルレアンデュシャン・ヴィヨンマルセル シュウォブジャック ヴィヨンデュシャン=ビヨンアントコーリスキーメッツァンジェA. ロゾーパトラン先生リュトブフシュウォブ鈴木信太郎

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビヨンの関連情報