コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻(き)添え マキゾエ

デジタル大辞泉の解説

まき‐ぞえ〔‐ぞへ〕【巻(き)添え】

他人の起こした事件に引き込まれて損害をこうむること。掛かり合い。ひきあい。そばづえ。「巻き添えを食う」「隣の火事の巻き添えになる」
質物を入れるとき、要求金額に対する担保の不足を補うために添える品。
「―が要るならば、わしが繻子(しゅす)の帯もあり」〈浄・反魂香

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

巻(き)添えの関連キーワードマルトゥイノフバジール

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android