コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻(き)添え マキゾエ

デジタル大辞泉の解説

まき‐ぞえ〔‐ぞへ〕【巻(き)添え】

他人の起こした事件に引き込まれて損害をこうむること。掛かり合い。ひきあい。そばづえ。「巻き添えを食う」「隣の火事の巻き添えになる」
質物を入れるとき、要求金額に対する担保の不足を補うために添える品。
「―が要るならば、わしが繻子(しゅす)の帯もあり」〈浄・反魂香

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone