コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルニュス Vilnius

世界大百科事典 第2版の解説

ビルニュス【Vilnius】

バルト海沿岸,リトアニア共和国の首都。ロシア語ではビリニュスVil’nyus。旧名ビルノWilnoビルニャVilnia。人口59万(1993)。ベラルーシとの国境に近い共和国南東部,ネマン川支流ネリス川の河岸段丘とその上の丘陵に広がる。リトアニア大公ゲディミナスが1323年ころ築いた古都で,ゲディミナスの丘を中心とする旧市街と川沿いの新市街からなるが,水陸の交通の便にめぐまれ,とくに近年新しい工業(工作機械・器具,電気製品)が発展し,東部工業区の〈新ビルニャ〉や近郊の多くの住宅団地をかかえて共和国の主要な産業都市でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone