コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンディング Binding, Rudolf Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンディング
Binding, Rudolf Georg

[生]1867.8.13. バーゼル
[没]1938.8.4. シュタルンベルク
ドイツの詩人,小説家。法学者の息子として生れ,初め法学,続いて医学を学んだ。文壇に登場したのは 40歳のときであったが,第1次世界大戦での体験をもとにした短編小説『身代り』 Der Opfergang (1912) はインゼル文庫のロングセラーとなった。のちナチスを支持。ほかに詩集『誇りと悲しみ』 Stolz und Trauer (22) ,自伝『生の体験』 Erlebtes Leben (27) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビンディング

ドイツの刑法古典学派の権威。バーゼル,ライプチヒ等の大学教授。実定法の分析から出発して刑罰法規とその前提である規範とを区別し,犯罪を規範の違反としてとらえ,さらに絶対的応報刑論に立つ理論体系を樹立

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビンディング【Karl Binding】

1841‐1920
ドイツの刑法学者。フランクフルト・アム・マイン生まれ。1864年ハイデルベルク大学の私講師を振出しに,バーゼル,フライブルクシュトラスブルク,ライプチヒの各大学の正教授を歴任した。〈規範説Normentheorie〉は彼の創見にかかる。すなわち,犯人が侵害するのは殺人罪の規定という刑罰法規ではなく,その前提をなす〈人を殺すなかれ〉という規範であるという考えを骨子に精緻な刑法理論体系を構築した。刑法の〈学派の争い〉においては,古典派(旧派)の理論家として近代派(新派)の巨頭F.vonリストと対立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビンディング

スキー靴をスキーにとりつけるための金具。バインディング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ビンディング

生年月日:1841年6月4日
ドイツの法学者,歴史学者
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ビンディングの関連キーワードフォルカー ヤインドルクロスカントリースキーバックカントリースキーノルディックスキーローラースポーツ新旧両派の争いアルペンスキーツダルスキースキー用語新古典主義8月13日生年月日一般法学遠藤尚

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビンディングの関連情報