ビー玉(読み)ビーダマ

百科事典マイペディアの解説

直径1〜2cmの大きさのガラス玉,またそれを使う遊び。〈ビー〉は,ポルトガル語でガラスを意味する〈ビードロvidro〉の略。最初はラムネびんの口にはめる玉が使われたので,〈ラムネ玉〉と呼ばれた。指ではじいて打ち合ったり,地面に掘った穴に入れたりして玉を取り合う。江戸時代に盛んであった穴一に類する遊戯を受け継いだもので,明治中期から流行した。同様の遊戯は欧米でもマーブルmarblesの名で行われ,18世紀には英国パブの代表的ゲームの一つでもあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

ビー玉とは対戦者が地面に出し合って置いたビー玉(置きビー玉)に、それぞれのビー玉(親ビー玉)をあててはじき出し、置きビー玉を奪い合う遊びです。女の子が好む「おはじき」とは違い、ぶつける・投げるなどの攻撃的な遊び方が多いことが特徴です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

指でつまめる程度の大きさのガラス玉,またそれを用いた遊び。ビーはポルトガル語の〈ビードロvidro〉の略。ガラスが普及するのは明治期になってからで,ラムネのびんに入っているガラス玉がまず利用され,〈ラムネ玉〉と呼ばれたが,やがて玩具としてつくられるようになり,ビー玉の名が起こった。ほかにも〈びん玉〉〈マーブル〉などの名があり,また遊び方によっては〈あてぐっちょ〉〈たまおとし〉〈めだまおとし〉など多くの名で呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラス製玩具(がんぐ)の一種。ビーはポルトガル語でガラスの意をもつビードロvidroの略で、ガラス玉のこと。明治中期から製造された清涼飲料水のラムネ(レモネード)の瓶内の中蓋(なかぶた)用にこれが用いられたので、ラムネ玉ともよばれた。子供たちの間では、これを一定の距離から指に挟んで前方にはじき出すようにしたり、投げたりして相手の玉に当てる遊びがみられる。小物玩具として売られているが、賭(か)け事遊びとして、その流行期にはめんこ、べいごま遊びなどとともに小学校で禁止されたりした。

[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ビーは「ビードロ」の略) ガラス玉。ふつう、子どもが遊びに使うものをいう。また、それを用いてする遊び。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉二三「隠袋(ポッケット)の中でビー玉(ダマ)の音が屹度ぢゃらぢゃらした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビー玉の関連情報