ピウス9世(読み)ピウスきゅうせい(英語表記)Pius IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス9世
ピウスきゅうせい
Pius IX

[生]1792.5.13. セニガリア
[没]1878.2.7. ローマ
史上最長の在位 (1846~78) を記録した教皇。本名 Giovanni Maria Mastai-Ferretti。 1827年スポレト大司教,32年イモラ司教,40年枢機卿。教皇登位後ただちに改革を断行。 48年二院制の憲法を制定したが,革命の嵐は教皇領をも席捲し,ナポリ王国へ逃れ,49年ローマ共和国が成立。 50年ローマに帰還。専制体制を保って,リソルジメント (イタリア統一運動) と対立しつつ,50年代を通じてカトリック諸国と政教条約を結んで関係の強化に努めた。 60年ピエモンテとの戦いに破れ,教皇領はペテロ世襲領のみとなった。 70年バチカン市国が成立。教義上では,64年大勅書 Quanta curaに当時の 80の神学説を退ける謬説表を付した。 69年第1バチカン公会議を開いて教皇不謬性を明文化し,54年聖母マリア無原罪の御やどりを教理とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス9世

生年月日:1792年5月13日
教皇
1878年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android