コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピコリン picoline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピコリン
picoline

化学式 C6H7N 。ピリジンの水素原子1個をメチル基で置換した化合物。メチル基の位置によって3種の異性体 (α体,β体,γ体) がある。沸点はα体 128~129℃,β体 143~144℃,γ体 145℃である。いずれも特有の臭気をもつ無色の液体で,溶媒や染料の原料に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ピコリン

山形県山形市、山形県産業科学館のキャラクター

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピコリン【picoline】

メチルピリジンの別名。メチル基の位置によって3種の異性体がある。いずれもコールタール中に含まれる塩基性油状物質。還元すれば対応するピペコリン(メチルピペリジン)に,酸化すると対応するピリジンカルボン酸になる。毒性があり皮膚を刺激する。水,エチルアルコール,エーテルに可溶で,溶剤として,あるいは合成樹脂,加硫促進剤の原料として用いられる。2‐ピコリンは沸点129℃。3‐ピコリンは沸点143.8℃でニコチン酸の原料に,4‐ピコリンは沸点141.3℃でイソニコチン酸の原料となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピコリン
ぴこりん
picoline

環内に窒素原子1個をもつ複素環式化合物の一種で、メチルピリジンともよばれる。コールタール中の塩基性成分として知られているほか、骨油中にも含まれている。メチル基の位置により2-ピコリン(α(アルファ)-ピコリン)、3-ピコリン(β(ベータ)-ピコリン)、4-ピコリン(γ(ガンマ)-ピコリン)の3種の異性体が存在する。いずれもピリジンに似たにおいをもつ無色の液体で、弱い塩基性をもっている。溶剤、消毒剤、加硫促進剤の原料などとして用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピコリンの関連キーワードピコリン(データノート)アミン(化合物)山形県山形市PAM納豆

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android