コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピスタシオ Pistacia vera; pistachio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピスタシオ
Pistacia vera; pistachio

ウルシ科の落葉高木。ナッツを食用とするために栽培される。原産はイランといわれるが,現在アフガニスタンから地中海地方周辺にかけて栽培されている。高さ 9mほどで大きな羽状複葉をつけ,小葉は数対あって質は革状である。雌雄異株で,花は細かく,多数集って花序をつくる。果実は長さ 1.5~2cmの楕円体で白く熟し,中に緑色の核がある。核内の種子がいわゆるピスタシオナッツで,生食のほか,製菓用などに高級ナッツとして賞用される。なお葉の形が整然としていることで有名な中国産のカイノキ (トネリバハゼノキ) P. chinensis同属の植物であるが,食用にはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色名がわかる辞典の解説

ピスタシオ【pistachio】

色名の一つ。ピスタシオグリーン、ピスタチオグリーンともいう。ピスタシオはウルシ科の落葉小高木。ピスタシオの実のような、やや濃いめの黄緑をさす。殻を割った中身の色。ピスタシオの実は菓子などに用いられる。西アジア原産。色名は装飾品、衣料品、靴などに用いられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピスタシオ【pistachio】

ウルシ科の落葉樹(イラスト)。園芸上は堅果類に属し,種子が食用にされる。中央アジアから西アジア原産。1世紀にシリアからローマ渡来,その後ヨーロッパや北アフリカ諸国に伝わり,広く栽培されるようになった。アメリカには19世紀に導入され,アリゾナテキサスなどの諸州で栽培されている。世界の主要生産国はアフガニスタン,イラン,シリア,トルコ,イタリア,アメリカなどである。日本では風土が適さず栽培がみられない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピスタシオの関連キーワードロードス[島]ダームガーンテレビンノキバグラーン州カズビーンアレッポウルシ科カラナウバーブヌガーキリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピスタシオの関連情報