コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピスタシオ ピスタシオ Pistacia vera; pistachio

3件 の用語解説(ピスタシオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピスタシオ
ピスタシオ
Pistacia vera; pistachio

ウルシ科の落葉高木。ナッツを食用とするために栽培される。原産はイランといわれるが,現在アフガニスタンから地中海地方周辺にかけて栽培されている。高さ 9mほどで大きな羽状複葉をつけ,小葉は数対あって質は革状である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典の解説

ピスタシオ【pistachio】

色名の一つ。ピスタシオグリーン、ピスタチオグリーンともいう。ピスタシオはウルシ科の落葉小高木。ピスタシオの実のような、やや濃いめの黄緑をさす。殻を割った中身の色。ピスタシオの実は菓子などに用いられる。西アジア原産。色名は装飾品、衣料品、靴などに用いられている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピスタシオ【pistachio】

ウルシ科の落葉樹イラスト)。園芸上は堅果類に属し,種子が食用にされる。中央アジアから西アジア原産。1世紀にシリアからローマに渡来,その後ヨーロッパ北アフリカ諸国に伝わり,広く栽培されるようになった。アメリカには19世紀に導入され,アリゾナテキサスなどの諸州で栽培されている。世界の主要生産国はアフガニスタン,イラン,シリア,トルコイタリア,アメリカなどである。日本では風土が適さず栽培がみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピスタシオの関連キーワードウルシ(漆)クリ(栗)クルミ(胡桃)ペカンイラスト黄櫨蔦漆山漆山黄櫨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone