コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロ電気 ピロでんきpyroelectricity

翻訳|pyroelectricity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロ電気
ピロでんき
pyroelectricity

固体の温度を変えることにより表面に分極電荷が現れる現象。ピロとはギリシア語で火を意味する。焦電気パイロ電気ともいう。もともと自発分極をもっているが空気中のイオンの吸着などによって中和されていた固体が,温度を変えると結晶の体積変化が起り,電気分極が変化する。このため,変化した分だけの分極電荷が観測される。水晶,ロシェル塩など圧電効果を示す結晶にみられる (→圧電気 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピロ‐でんき【ピロ電気】

焦電気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロ電気
ぴろでんき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のピロ電気の言及

【焦電気】より

…パイロ電気,またはピロ電気ともいう。熱したり冷やしたりすると結晶に電荷が現れる現象。…

※「ピロ電気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロ電気の関連キーワードオノ石(斧石)フリーデルエピヌスベリマン焦電効果アユイ異極鉱

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android