コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファボシテス Favosites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファボシテス
Favosites

刺胞動物門花虫綱床板サンゴ亜綱ファボシテス科の代表属。ハチノス(蜂の巣)サンゴともいう。床板を密にもつ管状の個体と個体が連結して塊状の群体を形成する。各個体の断面が多角形で,全体として蜂の巣状を呈する。個体の直径は数mm以下で体壁には多数の小孔がある。古生代オルドビス紀後期に出現し,シルル紀デボン紀に特に繁栄,ペルム紀に絶滅した。(→刺胞動物床板サンゴ類花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ファボシテス

八放サンゴ類床板サンゴ目の刺胞動物の一群。オルドビス紀〜ペルム紀の地層から産し,特にシルル紀とデボン紀に栄えた。重要な示準化石。群体をつくり,骨格の形態がハチの巣に似るためハチノスサンゴとも呼ばれる。
→関連項目ハリシテス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファボシテス【Favosites】

腔腸動物門床板サンゴ目に属する代表的1属。ハチノス(蜂の巣)サンゴとも呼ばれる。オルドビス紀後期からデボン紀中期にかけてのみ知られる示準化石で,かつ礁性石灰岩にも産出するので,示相化石としての価値も大きい。特にシルル紀,デボン紀には,層孔虫類四射サンゴ類や他の床板サンゴ類などとともに,代表的造礁生物の一つとして繁栄した。骨格は他のサンゴ類と同様炭酸カルシウムからなる。一般に直径数cmから数十cm単位の群体を形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファボシテスの関連キーワード城川

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android