コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファース ファース Firth, Sir Charles Harding

12件 の用語解説(ファースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファース
ファース
Firth, Sir Charles Harding

[生]1857.3.16. シェフィールド
[没]1936.2.19. オックスフォード
イギリスの歴史家,批評家。オックスフォード大学欽定近代史講座担当教授。イギリス学士院会員。『クロムウェル伝』 Oliver Cromwell (1900) ほか多くの著作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファース
ファース
Firth, John Rupert

[生]1890.6.17. ヨークシャー,キースリー
[没]1960.12.14. サリー,リンドフィールド
イギリスの言語学者。ロンドン大学教授。ロンドン学派の創始者。意味を中心に据えた言語理論と,プロソディー分析 prosodic analysisの名で呼ばれる音韻論とで特によく知られる。人類学者 B.マリノフスキーと交友があり,その「場面の脈絡」 context of situationの理論を発展させて言語分析の重要な手段とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファース
ファース
Firth, Sir Raymond William

[生]1901.3.25. オークランド
[没]2002.2.22. ロンドン
ニュージーランド生まれのイギリスの社会人類学者。シドニー大学で教えたのち,ロンドン大学教授 (1944~68) 。ソロモン諸島のティコピア (1928~29) ,西アフリカマレーシアニューギニアの調査を行ない,特にマオリ族などオセアニア先住民の研究で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファース
ファース
Furse, Charles Wellington

[生]1868.1.13. スタインズ
[没]1904.10.16. ロンドン
イギリスの画家。 1884年にスレード校に入学,翌年奨学金を得てパリのアカデミージュリアンに留学。 88年にロイヤル・アカデミーに出品し,その後はニューイングリッシュアート・クラブ展に定期的に出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファース
ファース
Firth, Colin

[生]1960.9.10. グレイショット
イギリスの俳優。フルネーム Colin Andrew Firth。1980年にロンドン・ドラマセンターに入学。1983年,舞台版『アナザー・カントリーAnother Countryでデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファース(farce)

ファルス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファース

笑劇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ファース

プーマが販売するランニングシューズ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファース【John Rupert Firth】

1890‐1960
イギリスの言語学者。ロンドン学派の創始者で現代イギリス言語学の基礎を築いた。インドラホール大学(当時)で教え,インド諸言語に接したことが彼の理論の形成の重要な契機となった。のち1928年ロンドン大学のD.ジョーンズの下で音声学講師。38年同大学東洋アフリカ研究部に転じ,44年イギリス初の一般言語学教授となった。56年に定年。1954‐57年には英国フィロロジー学会会長もつとめた。業績は多岐にわたるが,文化人類学者のB.K.マリノフスキーとの協力が契機となり展開された意味の取扱いの枠組みとしての〈場面の脈絡context of situation〉の理論と,音韻論における〈プロソディー分析prosodic analysis〉がとくに知られている。

ファース【Raymond Firth】

1901‐2002
イギリスの社会人類学者。マリノフスキーラドクリフ・ブラウン以降のイギリス社会人類学を代表する一人であり,太平洋ポリネシア文化に属するティコピア島の研究で知られている。ニュージーランドで生まれ,オークランド大学で経済学を修めたが,イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミックスに留学し,そこでマリノフスキーに出会い,社会人類学を学ぶようになった。1928年から29年にかけてティコピア島でフィールドワークを行い,帰国した後36年に《われら,ティコピア島人》を刊行し,以後次々と同島の社会と文化に関する著作を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファース【farce】

ファース【John Rupert Firth】

1890~1960) イギリスの言語学者。ロンドン学派の創始者。場面の脈絡(context of situation)やプロソディー分析で知られる。みずからの理論の検証として日本語の音声分析を行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファースの言及

【経済人類学】より

…贈与という行為が,与え,受け取り,返済するという一連の行為のつながりとして成り立っており,これらの連鎖は,経済はもちろん,道徳,宗教,法などほかの社会関係が絡みあった,まとまりのある一つの事象になっていることを明らかにした(贈物)。
[経済人類学の形成]
 1940年代に至り,経済学を強く意識したうえで,未開社会の経済生活の調査研究に独自の方法,意義を与えようと,アメリカの人類学者M.ハースコビツやイギリスの人類学者R.ファースによって経済人類学が構想された。彼らによれば,経済活動はそれ自体であるのではなく,社会的・文化的コンテクストのなかで営まれる。…

※「ファース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファースの関連キーワードイェルムスレウコペンハーゲン学派ブルークマンブルームフィールドロンドン学派ロンドン交響楽団エウクレイデスロンドン橋落ちた創始者の原理大束百合子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファースの関連情報