コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自負と偏見 じふとへんけんPride and Prejudice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自負と偏見
じふとへんけん
Pride and Prejudice

イギリスの女流作家 J.オースティンの小説。『第一印象』と題する初稿が 1796~97年に書かれたが出版できず,手を加えて 1813年刊。田舎の中産階級一家の娘たちの結婚問題をめぐって,社交や恋愛にからまる男の自負心や女の偏見など,さまざまな心理のもつれが織りなすあやを繊細的確な筆致で描く。主人公の2組の男女ばかりでなく,脇役の人物もそれぞれに活写されている。「田舎の三,四軒の家族が格好の題材となる」と著者自身述べているように,日常のささやかな事件をもとにしたイギリス小説ならではの風習喜劇の傑作である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自負と偏見
じふとへんけん
Pride and Prejudice

イギリスの作家ジェーン・オースティンの長編小説。1813年刊。作者が若いころに書いた小説『第一印象』を徹底的に書き直したものといわれる。主人公エリザベス・ベネットは5姉妹の2番目で、姉妹中もっとも聡明(そうめい)で知的である。近所に引っ越してきた若い紳士ビングリーは、温順な姉ジェーンと親しくなり、彼の友人で自負心に満ちた名門の紳士ダーシーはエリザベスに求婚する。しかし第一印象から彼女はダーシーに偏見を抱くが、彼を訪問し人柄に触れるうちその偏見はしだいに薄れ、一方彼の自負心も和らぎ、2人はめでたく結ばれる。姉妹の愚かな母親ベネット夫人や、主人公に求婚する牧師コリンズ氏ら喜劇的人物の脇役(わきやく)がこの小説に明るいユーモアの効果を添えている。夏目漱石(そうせき)は「則天去私」の作品例として、この作品を推している。[榎本 太]
『中野好夫訳『自負と偏見』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自負と偏見の関連キーワードオースティン(Jane Austen)ファース女流文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android