コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーティマ ファーティマ Fāṭima

翻訳|Fāṭima

4件 の用語解説(ファーティマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーティマ
ファーティマ
Fāṭima

[生]606頃.メッカ
[没]633. メジナ
イスラムの預言者マホメットの娘。第4代カリフアリーの妻。シーア派イマームハサンフサインの母。母はマホメットの最初の妻ハディージャ。「輝く人」 al-Ẓahrā'と呼ばれる。マホメットには他の娘もいたが,後世に彼の血筋を伝えた唯一の人で,キリスト教マリアのように,のちに彼女に関する無数の伝説が作られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファーティマ(Fátima)

ポルトガル中西部の都市。第一次大戦中の1917年5月13日に聖母マリアが顕現、その後5か月にわたり毎13日に出現したという話で知られる。聖堂が建造され、カトリックの重要な巡礼地になった。ファティマ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファーティマ【Fāṭima】

606ころ‐632∥633
預言者ムハンマドの四女。後に第4代カリフとなるアリーと結婚し,ハサンおよびフサインの2男をもうけた。ムハンマドの血はこの系譜を通して今日に伝わった。父の生前から,父の妻や縁者で構成されているムハンマド家ともいうべき集団の世話役であった。父の死後,権力がムハンマド家から離れたことに抗議しつつ,間もなく死去した。後世,理想の女性とみなされ,とくにシーア派世界でファーティマの手をかたどった護符が愛用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーティマ
ふぁーてぃま
Ftima

ポルトガル中西部、リバテージョ県の小都市。第一次世界大戦中の1917年5月13日に聖母マリアが顕現し、その後10月13日までの5か月間、毎13日に出現したという言い伝えがあり、キリスト教の巡礼地として知られる。とくに5月と10月の13日には10万人以上の信徒が集う。人口約1万。[田辺 裕・柴田匡平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファーティマの関連キーワードアーイシャハーシム家ハディージャムサイリマアブーバクルスンニ派とシーア派イブン・サードウマル[1世]サハーバムアーウィヤ[1世]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファーティマの関連情報