フアン・フェルナンデス諸島(読み)ふあんふぇるなんですしょとう(英語表記)Archipiélago Juan Fernández

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南アメリカ、チリ中部海岸の西方650キロメートルから830キロメートルにかけての太平洋上にある諸島。チリ第5地域(バルパライソ)に属する。1574年、ポルトガルの船乗りフアン・フェルナンデスにより発見された。東部のロビンソン・クルーソー島(旧称マス・ア・ティエラ島、93平方キロメートル)とそれに付属するサンタ・クララ島、および西部のアレハンドロ・セルキルク島(旧称マス・アフエラ島、85平方キロメートル)の3島よりなる。中心集落サン・フアン・バウティスタがあるロビンソン・クルーソー島は、小説『ロビンソン・クルーソー』のモデルであるアレキサンダー・セルカークが4年余り過ごした島として有名。いずれの島も火山岩類よりなり山がちである。合計500人ほどの住民がおり、ヒツジやヤギの飼育とイセエビ漁をおもな生業としている。

[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android