フィッシュ(英語表記)Fish, Hamilton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッシュ
Fish, Hamilton

[生]1808.8.3. ニューヨーク
[没]1893.9.6. ニューヨーク
アメリカの法律家,政治家。ホイッグ党員として政界に入り,連邦下院議員 (1843~45) ,ニューヨーク州知事 (49~50) を歴任。穏健な奴隷制反対論者として共和党に入り,連邦上院議員 (51~57) をつとめた。南北戦争中は北軍の連邦防衛委員会議長。戦後 69年3月 U.グラント政権の国務長官に任命され,最年長で最も経験豊富な閣僚として手腕を発揮。特にアラバマ号事件をめぐるイギリスとの関係,キューバをめぐるスペインとの関係を辛抱強く調停して危機を乗切った。政界引退後はコロンビア大学の発展に尽した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィッシュ

米国の批評家,文学理論家。16―17世紀英文学研究から出発,読者反応理論へと移行。作品は解釈行為によって作られると主張,作品に対して読者優位の立場をとり,個々の読者による解釈に大きな差異が生じないのは,解釈戦略を共有する〈解釈共同体〉が存在するためであるとした。著書に《罪におののきて》(1967年),《自己消尽の作品》(1972年),《このクラスにテクストはありますか》(1980年)がある。→イーザー受容理論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

フィッシュ【fish】

魚。魚類。多く他の外来語と複合して用いる。 「 - ソーセージ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フィッシュ

〘名〙 (fish) 魚。魚類。語素的に用いられることが多い。「フィッシュ‐ナイフ」など。〔舶来語便覧(1912)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッシュの関連情報