コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンク フィンク Finck, Franz Nikolaus

5件 の用語解説(フィンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィンク
フィンク
Finck, Franz Nikolaus

[生]1867.6.26. クレーフェルト
[没]1910.5.4. ベルリン
ドイツの言語学者。ベルリン大学教授。研究対象はアルメニア語ジプシー語,バンツー語など広い範囲にわたるが,それら多くの言語を構造によって分類しようとする,いわゆる言語類型学の研究で最も知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フィンク
フィンク
Fink, Eugen

[生]1905.11.12. コンスタンツ
[没]1975.7.25. フライブルク
ドイツの哲学者。 1948年フライブルク大学教授。 E.フッサールの現象学の影響を受け,現象学的存在論の立場に立った。遊びについての存在論的考察がある。主著『フッサールの現象学の問題』 Das Problem der Phänomenologie E. Husserls (1939) ,『幸福のオアシス』 Oase des Glücks (57) ,『存在-真理-世界』 Sein-Wahrheit-Welt (58) ,『世界象徴としての遊び』 Spiel als Weltsymbol (60) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フィンク
フィンク
Fink, Mike

[生]1770? ペンシルバニア,フォートピット
[没]1823? イェローストン河畔フォートヘンリー
アメリカの伝説的英雄。キールボートと称する川舟が重要な運輸機関だった頃,ミシシッピ川の「キールボートの王様」と呼ばれた。豪放で腕力が強く射撃の名手として知られ,いわゆる「ほら話」の主人公となり,E.ベネットの『マイク・フィンク』 (1848) や T.B.ソープの作品でも扱われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィンク【Mike Fink】

1770ころ‐1822ころ
アメリカの辺境開拓者。若いころはインディアン討伐者やスカウト(斥候)をしていたが,やがてオハイオ川やミシシッピ川で竜骨船keelboatの船頭として活躍。蒸気船の出現によって職を失うと,アシュリー狩猟隊のミズーリ川上流遠征に参加し,仲間とのけんかで死んだらしい。しかし実在の人物としてよりも,ポールバニヤン同様,トール・テール(ほら話)的伝説のヒーローとして知られる。とくに未開の西部の大河で超人的な力を発揮した点が,人気を集めたといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンク
ふぃんく
Eugen Fink
(1905―1975)

ドイツの哲学者。フライブルク大学教授。フッサールの最晩年の助手を務めてその現象学を受け継ぎ、創造的な解釈を通して新たな可能性を切り開くとともに、ハイデッガーニーチェ、初期ギリシア哲学者の影響のもとでその現象学に批判を加え、独自の現象学的存在論を唱えた。彼は、世界ないし宇宙に開かれた人間の存在のもつ意味を、自己の実存の内的証言から問い求めていった。そして人間存在の意味を、具体的な人間学的根本現象とされる労働、支配と闘争、愛、遊び、死の交錯と緊張のなかで、世界と世界内部的なものとの「宇宙・人間学的差異」に注目しつつ分析した。[千田義光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフィンクの言及

【トール・テール】より

…主人公には実在の人物ダニエル・ブーンやデービー・クロケット大佐も登場する。1835年から56年まで発行された《クロケット暦》に刷られたほら話を通して,クロケットのみならずブーンや,〈竜骨船の王者〉というあだ名のフィンクMike Fink(1770?‐1823?)の名が西部一帯に広く知れ渡った。ソープThomas B.Thorpe(1815‐78)による《アーカンソーの大熊》(1841)は古典に入る。…

※「フィンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィンクの関連キーワードコンスタントシェーディングコンスタンチノープルオープンスタンスコンスタンチノープル海峡コンスタントコンピタンスコンスタンス湖さよなら、コンスタンスレスタンス平行スタンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィンクの関連情報