コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウチョウ Paradisaeidae; birds-of-paradise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウチョウ
Paradisaeidae; birds-of-paradise

スズメ目フウチョウ科の鳥の総称。英名からゴクラクチョウともいう。16属 41種からなり,全長 16~110cm。最小はヒヨクドリで,最大は尾羽の長いオナガカマハシフウチョウ Epimachus fastosus である。雄は一般に羽色が美しく,種によってさまざまな色彩と形の飾り羽をもつ。雌は地味である。羽色の美しい種では,雄が特定の踊り場(→レック)をつくり,1羽または集団で飾り羽を広げてディスプレイを行ない,雌はその場を訪れ,気に入った雄と交尾をする。営巣,育雛は雌だけで行なう。ニューギニア島マルク諸島オーストラリア北東部の熱帯雨林にすみ,おもに果実食だが,昆虫類も食べる。(→オオフウチョウ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フウチョウ

フウチョウ科の鳥の総称。ゴクラクチョウとも。カラス科に近縁で,大きさはムクドリからカラス大。40種ほどあり,大部分はニューギニア産で一部がオーストラリアとモルッカ諸島にすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フウチョウ
ふうちょう / 風鳥
bird-of-paradise

鳥綱スズメ目フウチョウ科に属する鳥の総称。この科Paradisaeidaeの仲間は、ニューギニア島を中心とし、周辺の島々とオーストラリア東部に約40種が分布する。ゴクラクチョウ(極楽鳥)の名で有名なこの類は、羽色や飾り羽と繁殖習性の点で非常に多様であるが、そのほかの点では互いにあまり違いがない。すべて森林の樹上性で、一部の種の繁殖に関する集まり以外は単独かつがいで生活し、小果実を主食とするが、昆虫やアマガエルやトカゲも食べる雑食性の鳥である。体の大きさはスズメ大からカケス大であるが、尾羽が非常に長くて全長1メートルに達する種もある。なお、ゴクラクチョウの語は、狭義にオオフウチョウ類だけをさす場合や、ニワシドリ類を含めて広義に使われたりすることもある。
 この類は全長13~115センチメートル。約40種のうちおよそ5分の1は全身黒色で飾り羽などをもたず、雌雄同色で一雌一雄で繁殖し、雄も育雛(いくすう)をする。これらの点でほかの多くの鳥と異ならない。しかし、残る5分の4は雌雄異色で、雌はじみな羽色であるが、雄はそれぞれ独特な飾り羽を頭部、頸(けい)部、胸側部などにもち、また長い尾(ときに中央尾羽のみ)や肉垂れをもつものもあり、大半の種では雌に比べて著しくはでな羽色をしている。このなかではコフウチョウParadisaea minorなどフウチョウ属の鳥がもっとも華麗でよく知られている。これらの種の雄は、現在知られている限りでは、繁殖期になるとそれぞれ一定のよく目だつ枝を占有したり、こずえの葉をむしって裸の枝をつくったり、地表の落ち葉やコケを清掃して径2~3メートルの地面を裸出させたりして踊り場をつくり、そこで長期間にわたり大声で鳴く。そしてそこに雌がやってくるとさまざまなポーズで踊り、ディスプレーをする。雌はこれらの踊り場を次々に訪問して気に入った相手を探し、また雄は次々に訪れる雌を相手にするので、雌雄関係は乱婚的である。雌は交尾後に単独で巣をつくって雛(ひな)を育て、雄はそれをいっさい手助けしない。雄の踊り場は普通は互いに声の聞こえる程度に離れているが、かなり近くに集まっている種もあり、オオフウチョウでは1本の大きな木のこずえに十数羽の雄の踊り場が集まっていることがある。
 16世紀ヨーロッパ社会に初めてオオフウチョウP. apodaがもたらされたとき、それは交易用に足をとった標本であった。そこで、この鳥は生涯枝に止まることなく風にのって飛んでいるという、聖書の「天国の鳥」であると考えられた。これが欧名の由来であり、風鳥、極楽鳥という和名はこの欧名に由来する。フウチョウ類の美しい飾り羽は、その後欧米人に装飾として珍重され、欧米への輸出は1900年前後の最盛期には年間8万羽以上に上った。しかし1910年代以降各国が次々に輸入を禁止し、現在では産地からの輸出と原住民以外の狩猟も禁止されている。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フウチョウの関連キーワードゴクラクチョウ(極楽鳥)フウチョウソウ(風蝶草)ヒヨクドリ(比翼鳥)フウチョウ(風鳥)フウチョウソウ科セイヨウワサビワサビダイコンフウチョウソウふうちょう座コフウチョウカリフラワー西洋風蝶草ワイゲオ島パプア亜区キャベツコマツナケーパークレオメトバゴ島比翼鳥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android